和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年08月06日(金)

エヌ・シー・エヌ 「パビリオン・トウキョウ2021」協賛のお知らせ

株式会社エヌ・シー・エヌ(東京都港区、代表取締役社長:田鎖郁男 以下エヌ・シー・エヌ)は、2021年7月1日(木)から9月5日(日)の間に開催されるイベント「パビリオン・トウキョウ2021」の趣旨に賛同し、協賛いたします。
本イベントは、東京都および公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、パビリオン・トウキョウ2021実行委員会が、「Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13」の1つとして実施するもので、世界にまだ知られていない日本文化の魅力を世界に伝えるためのプロジェクトです。
世界各地で活躍し注目を集めている日本人の建築家6名とアーティスト2名に、それぞれ独自のパビリオンを設計してもらい、新国立競技場を中心とするエリアに設置し、未来の建築やアートとして紹介します。制作されるパビリオンには、それぞれの建築家、アーティストたちの東京の未来への願いが込められ、観客は地図を片手に宝さがしのように、あるいは散歩のかたわらパビリオンを巡ることができます。
エヌ・シー・エヌは、その中でも建築家、藤原徹平氏のデザインによる「ストリート ガーデン シアター」の構造体の構造設計および資材提供を行う形で協賛いたします。



[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1938/48822/450_315_2021062516234860d5848454c58.JPG

















本件に関するお問合わせ先
ir@ncn-se.co.jp


プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/48822
提供: