和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年12月07日(火)

ハクセンシオマネキが恋のダンス 田辺市新庄町の干潟

大きな爪を振り上げ雌を誘うハクセンシオマネキの雄(和歌山県田辺市新庄町で)
大きな爪を振り上げ雌を誘うハクセンシオマネキの雄(和歌山県田辺市新庄町で)
 和歌山県田辺市新庄町の内之浦干潟親水公園で、スナガニの仲間ハクセンシオマネキが、恋の季節を迎えている。雄が特徴的な片方の大きなはさみを振って雌にアピールする姿が見られる。

 ハクセンシオマネキは、生息地である砂泥干潟の干拓や海洋開発などから、全国的にその数を減らしている。環境省のレッドリストで絶滅危惧2類に分類されている。紀南地方でも観察できる場所は限られている。

 親水公園では、潮が引くと、複数の雄が現れ、はさみを振り上げるウエイビングという行動を始める。雌を見掛けると、その動きは激しさを増し、巣穴に誘おうとする。逃げられることも多く、1匹の雌に複数の雄がアピールすることもある。また、巣の拡張や補修のため、巣穴から泥玉をせっせと運び出す雄の姿も観察できる。

 甲幅は2センチほど。丸みがあって横長の四角形をしている。雄のはさみは左右のどちらかが大きい。和名の由来は、そのはさみを振る姿が白い扇を振っているように見えるためといわれる。