和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年12月07日(火)

中学ゴルフで全国大会へ 上富田3年の赤松君

関西大会で4位に入賞し、全国大会に出場する赤松成眞君(和歌山県田辺市下三栖で)
関西大会で4位に入賞し、全国大会に出場する赤松成眞君(和歌山県田辺市下三栖で)
 和歌山県の上富田中学校3年の赤松成眞君(14)が、このほど京都府内で開かれた関西中学校ゴルフ選手権大会の男子個人の部で4位に入賞し、全国大会の出場を決めた。

 関西大会は関西高校・中学校ゴルフ連盟主催。京丹波町のグランベール京都ゴルフ俱楽部であり、男子個人の部には各府県の予選を通過した38人が参加。18ホール(6428ヤード)、パー71のコースを2巡して競った。

 赤松君は初日を69、2日目を72で回り、計141でトップと3打差だった。初日はショットが良く、4バーディーで回った。2日目は調子をやや崩したが、アプローチでカバーしてスコアをまとめた。

 赤松君ら上位11人が、8月27、28日に栃木県で開かれる「全国中学校ゴルフ選手権大会・第65回個人の部」の出場権を得た。

 小学生の時から関西大会で上位に入り、全国大会に出場している赤松君は、まっすぐで正確なショットが持ち味。体が大きくなり、ランニングなどのトレーニングで体力を付けてドライバーの飛距離が伸びた。「新人戦を落としていたので、今回は広いコースに対応するためにしっかり練習した。全国のトップを目指して練習を積み重ねていきたい」と、はつらつとした表情で話した。