和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年10月16日(水)

梅干しジュニアが健闘 三重県で熊野ラグビースクールカップ

 第12回熊野ラグビースクールカップ(熊野市ラグビーフットボール協会主催)が三重県熊野市であった。高学年の部で梅干しジュニアクラブ(田辺市)と志摩ラグビースクール(三重県志摩市)の合同チームが優勝し、低学年の部で梅干しジュニアが準優勝した。

 梅干しジュニアと新宮ラグビーフットボールクラブ(新宮市)、三重県内の6クラブが参加。高学年、中学年、低学年の3部門があり、各部門とも10チームが参加してトーナメント戦をした。

 高学年の部で梅干し・志摩は、2回戦で熊野に45―20、準決勝で新宮に80―0で勝った。決勝は津高虎に25―25で引き分け、両チーム優勝となった。

 低学年の部では、梅干しジュニアは1、2回戦を勝ち進み、準決勝は桑名に25―15で勝ったが決勝で鈴鹿Aに0―70で敗れた。

 梅干しジュニアは中学年の部にも出場し、1回戦で四日市に20―20の同点から抽選で敗れた。