和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月19日(水)

目標はパリでも金 スケボーの四十住選手が知事訪問

東京五輪スケートボード女子パークで金メダルを獲得し、仁坂吉伸知事(前列左)に報告した四十住さくら選手(前列右)=24日、和歌山県庁で
東京五輪スケートボード女子パークで金メダルを獲得し、仁坂吉伸知事(前列左)に報告した四十住さくら選手(前列右)=24日、和歌山県庁で
 東京五輪の新競技スケートボードの女子パークで金メダルを獲得した四十住(よそずみ)さくら選手(19)=和歌山県岩出市在住=が24日、和歌山県庁の仁坂吉伸知事を訪問。「これからの大会でも結果を出し、3年後のパリ五輪でも連覇したい」と意気込みを述べた。

 仁坂知事は「本当におめでとうございます。今後も技を磨いてがんがん頑張ってください」と笑顔で出迎え、四十住選手は「皆にスケートボードの楽しさを伝えられるように頑張りたい」と応えた。

 以前は神戸市などの練習場に通っていたが、昨年、自宅近くにある酒造会社から無償で提供を受けた空き倉庫を改修した練習場で練習を続けてきた。

 仁坂知事は、スケートボードを「和歌山を代表するスポーツに」という思いを込め「裾野を大きくするという意味で、小ぶりの練習場を和歌山市内に造った。そこでも練習してほしい」と呼び掛けた。