和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月25日(火)

学童保育児童がボルダリング体験 みなべ町上南部

ボルダリングに挑戦する学童保育所の児童(和歌山県みなべ町清川で)
ボルダリングに挑戦する学童保育所の児童(和歌山県みなべ町清川で)
 和歌山県みなべ町谷口にある上南部第1、第2学童保育所の児童約70人がこのほど、同町清川の梅の里スポーツクライミング施設(旧清川中学校体育館)でボルダリングを体験した。

 夏休み中の活動として2019年に続いて企画した。

 町教育委員会の職員から楽しみ方や注意を聞いた後、2班に分かれて挑戦した。

 初めての体験という児童が多く、こわごわ登る児童が多かったが、汗だくになりながら何度も挑戦する児童もいた。

 町教委の職員は「上まで登り切る児童はいなかったが、みんな楽しそうに挑戦していた」と話していた。