和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年11月29日(月)

田辺市龍神でクマ目撃情報 ミツバチの巣箱狙う

クマに荒らされたミツバチの巣箱がある方向を指し示す住民(和歌山県田辺市龍神村殿原で)
クマに荒らされたミツバチの巣箱がある方向を指し示す住民(和歌山県田辺市龍神村殿原で)
 和歌山県田辺市龍神村殿原、国道371号沿いの川成地区で27日夜、地元住民がクマ1匹を目撃した。知らせを受けた市龍神行政局は28日朝、行政無線と防災・行政メールで注意を呼び掛けた。

 地元住民によると、1週間ほど前に龍神村丹生ノ川の山中でミツバチの巣箱が荒らされていた。その後、川成地区でも民家から数十メートルの山中にあるミツバチの巣箱が、ひっくり返されているのが見つかった。

 27日夜、住民がこの巣箱の様子を見に行った時、懐中電灯を照らした約10メートル先に二つの目が光って、よく見るとクマだったという。このため、地元の住民数人が、民家に寄り付かないよう花火を打ち上げて追い払った。