和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年12月16日(月)

関西、近畿出場を報告、串本JFCが町長訪問 小学生サッカー

町長室を訪れた串本JFCの選手ら(16日、串本町串本で)
町長室を訪れた串本JFCの選手ら(16日、串本町串本で)
 小学生サッカー大会の関西大会と近畿大会への出場を決めた串本ジュニアフットボールクラブ(串本JFC)の選手らが16日、串本町串本の町役場を訪れた。田嶋勝正町長に県大会の試合結果を報告し、次の大会への意気込みを述べた。

 6年生主体のチームが、6月15、16日に和歌山市の紀三井寺公園球技場・補助競技場で開催された第13回オークワカップWTV小学生サッカー大会兼第43回県小学生サッカー選手権大会に東牟婁地区代表として出場。準決勝で田辺市の南紀JSCに敗れたが、3位決定戦で同じ東牟婁地区代表の宇久井SSに勝ち、関西大会出場を決めた。関西大会の日本ハムカップ関西少年サッカー大会(関西少年サッカー協会主催)は9月7、8日に堺市のJグリーン堺で開催される。

 また、5年生主体のチームが6月9日、新宮市佐野のやたがらすサッカー場で開催されたJCカップ近畿地区予選県大会に東牟婁地区代表として出場。予選リーグを1位で勝ち上がり、決勝で和歌山市のセレソン中之島FCをPK戦で破って優勝し、近畿大会出場を決めた。近畿大会の第5回JCカップU―11少年少女サッカー大会近畿地区予選大会(公益社団法人日本青年会議所近畿地区など主催)は27日、奈良県橿原市の県立橿原公苑陸上競技場で開催される。

 この日は、6年生9人、5年生12人、4年生1人がチームの指導者や保護者と一緒に町長室を訪問した。田嶋町長は「おめでとう。次の大会でも素晴らしい成績を上げ、また報告に来てほしい」とエールを送った。

 関西、近畿大会に向け、6年生主体チームのキャプテン北川大志君(12)=潮岬小6年=は「一戦でも多く勝てるように頑張りたい」、5年生主体チームのキャプテン嶋﨑立晟君(11)=串本小5年=は「全国大会出場を目指して頑張る」と話した。