和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年06月25日(土)

【詳報】2日間で113人感染 和歌山県、クラスターは2件

 和歌山県は4日に74人、5日に39人が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。4日には和歌山市の2カ所をクラスター(感染者集団)に認定した。県内クラスターは累計で85件となった。

 2日間に発表した感染者の保健所管内別は和歌山市40人、田辺33人、岩出17人、御坊8人、橋本7人、海南4人、湯浅2人、県外2人。

 クラスターが発生したのは和歌山市栄谷の「和歌山大学アメリカンフットボール部」。5日までに部員6人の感染が分かった。検査対象の部員47人のうち、41人は陰性だった。

 クラスターのもう1カ所は和歌山市手平6丁目の「三菱電機冷熱システム製作所製造部品質管理部門」で、従業員7人の感染が分かった。検査対象者20人のうち、残りの13人は陰性だった。他部門でも陽性者が出ているが、クラスターとの関連は不明という。

 白浜町の「白浜はまゆう病院」では、40代看護師女性の感染が新たに分かり、クラスターは9人になった。就業前の検査で判明し無症状。また、病院関係で最初に感染が判明した、同院の退院者が移った田辺管内の介護関係施設では、入所者の80代と90代の男性計2人の感染が分かった。入所者と職員計83人の陰性を確認していたが、2度目の検査で判明した。

 このほか、田辺管内では飲食店や観光関連施設で県外の人と接触した人、県外に行った人らの感染が確認された。感染経路が不明な人もいるという。

 5日時点の県内入院者は470人で、病床581床(うち臨時病床11床)の使用率は80・9%。直近1週間の人口10万人当たり感染者数は43・7人。保健所管内別の最多は田辺の69・1人、次いで岩出52・3人、和歌山市43・3人などとなっている。