和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月05日(火)

2カ月で応募2万7千枚 みなべ町のスタンプラリー

「みなべのやにこいスタンプラリー」の抽選をするみなべ町商工会青年部の役員(和歌山県みなべ町芝で)
「みなべのやにこいスタンプラリー」の抽選をするみなべ町商工会青年部の役員(和歌山県みなべ町芝で)
 和歌山県のみなべ町商工会青年部主催の「みなべのやにこいスタンプラリー」第3弾(7月1日~9月末)は、8月末までに2万7243枚の応募があった。昨年実施した第1弾の7、8月分とほぼ同数となっている。同青年部は、お得な食事券「みなべGo To Eat」も始まっている9月に期待している。

 「みなべのやにこいスタンプラリー」は、新型コロナウイルスの影響で落ち込む地域経済を盛り上げるために企画した。町内の飲食店や小売店、サービス業など(計121店)を利用しスタンプを押して応募すると、抽選で現金や商品券、景品がもらえる。

 第3弾には7月中に1万778枚、8月中に1万6465枚の応募があった。8月の応募者の内訳は町内が1万5204枚、田辺市や印南町などの町外が1125枚、県外が136枚だった。

 第1弾(昨年6月~9月初め)は約3万337枚、第2弾(11月~今年1月初め)は約3万2143枚だった。今月は第3弾の最終月で、これまで以上の応募を期待している。青年部は「売り上げ増につながっているという店の声は多く、スタンプを取り扱う所は以前より増えている。ぜひスタンプラリーを楽しんでもらいたい」とPRする。



 抽選は月ごとに実施しており、8月分の抽選が7日、みなべ町芝の商工会であった。青年部の役員が1万6465枚から当選となる約330枚を選んだ。当選の発表は景品の発送をもって代える。

 問い合わせは、商工会青年部(0739・72・3225)へ。「みなべのやにこいスタンプラリー」のホームページ(https://yanikoi-minabe.com)でも確認できる。