和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年12月16日(月)

田辺工業劇的サヨナラ、大会初タイブレーク制す 延長13回、新宮破る

新宮―田辺工業 田辺工業は延長13回、津呂(中央)がサヨナラ本塁打を放ち仲間と喜ぶ=18日、紀三井寺球場で
新宮―田辺工業 田辺工業は延長13回、津呂(中央)がサヨナラ本塁打を放ち仲間と喜ぶ=18日、紀三井寺球場で
 全国高校野球選手権和歌山大会(紀三井寺球場)は18日、2回戦第1試合で田辺工業が大会初のタイブレークを制し、新宮を6―3で破った。17日は第2試合で南部が新翔に6―1で勝った。19日は終業式のため、試合の予定はない。

【18日】

●第1試合(2回戦)

新宮
 100 000 100 000 1 ―3
 000 010 001 000 4×―6
田辺工業
(延長13回)

 〔新〕吉水―下屋敷
 〔田〕小西―横畑、中家
 本塁打=津呂(田)
 二塁打=小西(田)

 田辺工業が9回に同点に追い付き延長戦へ。両チームとも決め手を欠き、延長13回からは無死一、二塁から始まるタイブレークに入った。

 1点を追う田辺工業は13回裏、先頭打者の小西のバントが内野安打になって満塁になると、線﨑の犠飛で同点。2死一、二塁から津呂が左翼へサヨナラ本塁打を放って試合に決着をつけた。津呂は「今までやってきた中で一番しんどかった。自分で終わらせようと打席に入った」とほっとした様子。完投した小西は「応援してくれた人たちのため絶対負けないように頑張った」と喜んだ。

【17日】

●第2試合(2回戦)

新翔
 100 000 000―1
 014 010 00×―6
南部

 〔新〕田中正、和田―中村
 〔南〕周家―玉置
 本塁打=宮本(新)
 三塁打=玉置(南)
 二塁打=奈良、湯川、三上、尾田(南)

 南部は2回に周家の適時打で同点に追いつくと、3回には奈良、湯川の連続二塁打で勝ち越し、三上の適時二塁打と玉置の内野安打でさらに3点を奪ってリードを広げた。5回には尾田の適時二塁打でもう1点を追加。先発投手の周家は安定した投球で新翔打線を初回の本塁打1点に抑え、完投した。

 南部の主将、酒井は「夏は2年連続で初戦敗退していたのでうれしい」と喜んだ。

 部員10人の新翔は、無失策で戦い抜いた。1回に宮本が本塁打を放って先制。2番手投手の和田が4回以降は南部を2安打に抑えた。

●第3試合(2回戦)
市和歌山5―2日高中津