和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年05月21日(土)

ヤマモモ商品や梅干し、茶 上富田町観光案内所でギフトセット販売

ヤマモモ商品の詰め合わせセット(左)と、梅干しや茶、器のセット
ヤマモモ商品の詰め合わせセット(左)と、梅干しや茶、器のセット
「口熊野かみとんだ観光案内所」地図
「口熊野かみとんだ観光案内所」地図
 上富田町で、町の木であるヤマモモによる町づくりなどの活動をする「口熊野かみとんだ山桃会」の「Kumano Berry」は敬老の日のギフトなどとして、シロップやあめなどヤマモモ商品の詰め合わせ(2300円)と、梅干しや茶、器の詰め合わせ(2500円)の2種類のセットを販売している。販売は、同町朝来1361のJR朝来駅内にある「口熊野かみとんだ観光案内所」でしている。

 ヤマモモ商品の詰め合わせの内容は、ヤマモモのシロップ(235グラム)、ヤマモモのあめ(10粒)、ヤマモモ柄のししゅうが入ったレーヨン100%の蚊帳生地布巾。

 もう一方のセットの内容は、茶がゆ(おかいさん)を楽しんでもらえればと、町特産のヒョウタンの形をした信楽焼の器と、県産梅干し(120グラム)、田辺市本宮町産の釜いり茶(40グラム)を詰め合わせている。

 同会の樫木美喜恵代表は「地域の思いを伝えられるギフトとして今回のセットを作ったので、受け取った人にその思いが伝わればうれしい」と話す。

 観光案内所のオープンは平日午前9時~午後5時。休日は土・日曜、祝日。問い合わせは口熊野かみとんだ観光案内所(0739・33・9610)へ。