和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年12月04日(土)

和歌山県で21人の感染確認 新型コロナ、14日発表

 和歌山県は14日、県内で新たに21人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。入院者は183人で、7月31日以来45日ぶりに200人を下回った。

 新規感染者の保健所管内別は和歌山市9人、田辺6人、岩出4人、海南と橋本が各1人。

 このうち、田辺の40代自営業男性は重篤で、集中治療室で治療を受けている。8月21日に発症し、呼吸器などの状態が悪化、9月11日に救急搬送され、陽性が分かった。

 県は受診の遅れが状態悪化に影響した可能性があるとしている。基礎疾患があったという。また、橋本の50代会社員男性は重症。

 和歌山市在住の70代女性の死亡を14日に確認した。死者は59人になった。