和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年09月18日(土)

櫻井翔、嵐ライブ映画を松本潤と鑑賞 “Director”表記に照れ「僕は誇らしい」

嵐ライブ映画を松本潤と鑑賞したという櫻井翔 (C)ORICON NewS inc.
嵐ライブ映画を松本潤と鑑賞したという櫻井翔 (C)ORICON NewS inc.
 人気グループ・嵐の櫻井翔が、15日に都内で行われたグループ初のライブフィルム『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』(11月3日ドルビーシネマ限定先行公開、11月26日全国公開)ジャパンプレミアに登壇した。櫻井は「なによりも、松本潤も精魂込めて作ったコンサートなので、嵐のコンサートに触れたことのない人にも触れていただきたいと思います」とアピールした。

【全身ショット】黒のスーツ姿で登場した櫻井翔

 今作は2018年11月から2019年12月まで1年以上にわたり、計50公演、1ツアーとして、日本史上最大の累計237万5千人の動員を記録した20周年ツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×20』の最中に、1日限りで開催したシューティング・ライブの様子を収めたもの。嵐が5人だから見られた景色、観客が5人と一緒に見た景色を、125台のカメラで記録していることでも話題を集めている。

 撮影は2019年12月23日、東京ドームにて実施され。同グループ初の主演映画『ピカ☆ンチ』(02)の監督を務めた堤幸彦監督をはじめ、これまで彼らに関わってきた映画・ライブスタッフが集結。名曲とパフォーマンスを体感できる全編ライブフィルムとなっている。

 櫻井は「初のライブフィルムを(嵐の)結成記念日にお伝えできるのがうれしい。もう、およそ2年前になるんですね。2年前のコンサートなんですけど、あの時の熱気、我々の思いを真空パックのように閉じ込めたので、今真空パックを開いてときの流れを感じずに楽しんでいただけるのでは」と自信を込める。

 司会の有働由美子アナウンサーから松本の反応を聞かれると、櫻井は「今年最初に会ったのがこの作品をみるところだったんですよ。松本と2人だったんですけど。エンドロールで『Directed by JUN MATUMOTO』。コンサート作品の監督を松本がしたというクレジットなんですけど、松本はものすごく恥ずかしがってました(笑)。『なんか恥ずかしい…』とかいって、『いいんだよ、事実だよ』って。むずがゆいんですかね。こっ恥ずかしいんですかね…。僕は、メンバーとして誇らしい気持ちになった」とほほえましいエピソードを披露。

 これには同席した堤監督も「精魂込めてなんてもんじゃないくらい。自分が出ているところのリハーサルを一番遠いところから一人で見てメモって…演出家としても学ぶところが多いくらい」と松本の姿勢を賞賛。櫻井も「プレイングマネージャー状態ですもんね。そんな松本が作った作品をずっとお世話になっていた堤監督に作っていただいたのは我々も胸が熱くなります」と改めて公開を喜んでいた。

【動画】5人で“嵐”を全うするラスト半月に密着…生配信ライブ直後の姿も
【写真】バラエティーロケ初挑戦のMISIAの“メロンピザ”作りを楽しむ櫻井翔
【写真】人生初のサックスに挑戦し、2週間でマスターした櫻井翔
嵐、7年ぶりアラフェスを7・28パッケージ化 アーティスト初の新国立競技場単独公演
櫻井翔、“完璧さ”の余白としてポンコツ解禁 “ゆるさ”を恐れず見せたことが付加価値に
提供:oricon news