和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年09月18日(土)

ものつくり大学における新型コロナウイルスワクチン大学拠点接種を実施しました



ものつくり大学(埼玉県行田市)では、学生・教職員の健康を守り、安心安全なキャンパスの環境を確保するため、また、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種における地域自治体の負担軽減を目的に、新型コロナウイルスワクチンの大学拠点接種を実施しました。




 1回目の接種は、2021年9月11日(土)、12日(日)の2日間にかけて、ものつくり大学の体育館で実施し、本学の学生・教職員のほか、近隣の企業や学校関係者を対象に、940名がワクチンを接種しました。


 本事業は、行田総合病院(埼玉県行田市)にご協力いただき、医師、看護師、薬剤師の方々を派遣いただくことで実現しました。


 2回目の接種実施日は、2021年10月16日(土)、17日(日)を予定しています。
※2回目の接種は、原則として1回目の接種を本学で行った方を対象とします。


< ものつくり大学における大学拠点接種の概要 >
(1)日程
 (1回目接種)2021年9月11日(土)~9月12日(日)
 (2回目接種)2021年10月16日(土)~10月17日(日)


(2)対象者
 (1)ものつくり大学に在籍する学生・教職員(非常勤講師、派遣職員も含む)、関連会社社員等
 (2)近隣の企業の従業員、学校関係者


(3)会場
 ものつくり大学 体育館


(4)接種ワクチン
 モデルナ社製

▼本件に関する問い合わせ先
ものつくり大学 広報地域交流係
TEL:048-564-3906
メール:koho@iot.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/51045
提供: