和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年11月30日(火)

西安が全国運動会の円滑な運営確保に手段を講じ、地元社会の健康的なライフスタイル取り入れを加速

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109210373-O1-sKr7CL2k

AsiaNet 91798 (2182)

【西安(中国)2021年9月21日PR Newswire=共同通信JBN】中国のNational Games(全国運動会)が2021年9月15日夕、陝西省西安で開かれた。西安にとって、これは同市がその強みを示し、中国文化の発祥の地と中心地としてのそのイメージを強化するためのこれまでにない機会を与えるほか、自己の宣伝に努める一方で全国の他の省や都市との交流を増すための待望の大規模スポーツイベントである。

National Games主催は西安市政府がこのようなイベント開催にとっての理想的な場所としての市の知名度を上げるほか、住民の生活やインフラストラクチャーへの関心を高めることにより地元社会の福利向上の場となるための大きなチャンスである。

中国で最も重要で大規模なスポーツイベントに備えて西安は、市の独特な特徴を保持しながら、観客6万人を収容できるメインスタジアムと国際基準を完全に順守する2つのパビリオンから成る西安オリンピックスポーツセンターを設計し、建設した。このプロジェクトは964日で完成した。オリンピックスポーツセンターは完全な5G利用をサポートする中国で最初のスマートスタジアムであるだけでなく、2020年に世界のトップ10スタジアムにリストアップされた中国で唯一のスタジアムでもある。

第14回National Gamesのために西安は計30の競技委員会を設置した。委員会はオリンピック基準に従ってイベント施設を建設し、アスリートが会場で公平かつ公正に全力を尽くして金メダルや銀メダル獲得を目指すことができるのを保証するためにイベントのルールを明確にする。スタジアムの外では、市がこの大会を保証し、より高く、より速く、より強く、より美しくなるこの競技の新しいリズムを始動させている。

近くの秦嶺山脈とその中を流れる3つの河川をはじめとする豊かな天然資源を利用して、市はわずか1年以内で293キロに及ぶ緑道のネットワークを構築した。これは103の生態学的な場所、42の文化的、歴史的な場所、109の休憩所を結んでおり、そのすべてが地元住民が散策できる都市グリーンエコシステムを形成している。その目的は市の豊な天然資源を十分に活用し、住民と訪問者の双方がジョギングや運動をできる新しい場となるグリーンでエコロジカルな回廊を作ることである。

西安はより開かれた、包摂的で活力のある市を作ることを目指し、National Games主催を通じて市の経済開発の次の段階を促進していくつもりである。

ソース:Xi'an Municipal Government

▽画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=401351
(画像説明:第14回中国全国運動会が陝西省西安で開幕)



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202109210373
提供: