和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年10月25日(月)

「Olio di Roma PGI」が正式に登録される

 
[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/2182/50997/150_150_20210914112008614006d80c83a.png

[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/2182/50997/350_169_20210914112012614006dc68a35.jpg

 EUは、「古代ローマ時代」に遡るオイルに権威ある原産地表示を登録します。

 世界で最も古く、最も価値のあるオリーブオイルのひとつであるローマ産オリーブオイルが、「保護された地理的表示」マーク(PGI)の認定を受けました(ここでは、EUの公式文書を英語で紹介しています https://bit.ly/2WS9m85
)。

 その名も "Olio di Roma PGI "であり、非常に貴重で世界的に有名な "古代ローマ人のオイル "が認められたことになります。

 ある製品がPGIとして認められるためには、その製品の生産、加工、製造の少なくとも1つの段階が、決められた地理的エリア内で行われなければならないことを忘れてはなりません。疑いの余地のない品質と評判を持ち、地理的に関連のある食品や成分のみが、PGIとして認められます。

 「オリオ・ディ・ローマ」の名称は、ラツィオ州の316の自治体(首都ローマの首都圏にある107の自治体、ラティーナ県の27の自治体、リエティ県の35の自治体、ヴィテルボ県の60の自治体、フロジノーネ県の87の自治体)を対象とし、年間約75,000トンのオリーブと10,550トンのオイルの総生産量、約5,200万ユーロの経済価値を持つことになります。このデータは、160万人もの農家を代表するイタリア最大の農業団体であるイタリア全国直売所連合会(Coldiretti)から提供されたものです。

 Olio di Roma PGIが認定されたことで、「メイド・イン・イタリー」のエキストラ・バージン・オリーブオイルは、ヨーロッパで登録されている名称の数が最も多い国として、イタリアがトップの座を占めることになりました。

 ラツィオ州では、カニーノ、サビーナ、トッシア、コリン・ポンティーネの4つのエキストラ・バージン・オリーブオイルが登録されています。

 世界の首都であるローマは、今やオリーブオイルの首都でもあります。文化、遺産、そして食べ物が世界中の人々を魅了する場所です。日本は、ローマのオリーブオイルの品質を最も高く評価している国のひとつです。 オリーブオイルの健康への良い影響は科学界で何度も証明されており、この風味豊かな製品を生産する何世紀も前からの自然技術に根ざしています。




[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/2182/50997/500_320_202109182303196145f1a72fc2d.jpg

図1 オリーブをすりつぶすローマのトラペタム

 長老プリニウスは『博物誌』の中で、「人体にとって特に好ましい2つの液体がある。内側にはワイン、外側にはオイルである。内側のワインと外側のオイルである。どちらも優れた天然物であるが、オイルは必要なものであり、人間がそれを栽培するために努力したことは間違っていない」と書きました。

 ナショナルジオグラフィック(NG)の権威ある雑誌「Historian」は、古代ローマのオイルの独自性と、「黄金の液体」を得るための栽培・加工技術の開発にローマ人が与えた歴史的貢献をよくまとめています。

 マリア・ホセ・ノインがレポートNGで書いているように、オイルは古代ローマ人の日常生活に欠かせない製品であり、彼らは台所で調味料として使うだけでなく、照明用の燃料や風呂場での軟膏としても使っていました。油の製造はフェニキア人やギリシャ人にまで遡ることができますが、ローマ人はオイルをあらゆる社会階層で様々な用途に使用される物質へと変化させたと考えられています。

 「オイルはローマ人の食生活に欠かせないものであった」マルコ・ガビオ・アピシオは、その有名なレシピ本『De re coquinaria』の中で、300以上のレシピに油について言及しています。味付け、調理、揚げ物などに使われ、ソースを作る際にも基本的な材料となっていました。さらに、魚、肉、野菜、豆類などの料理を提供する前に、仕上げとしてオイルを使うこともありました。ローマ人はパン作りにもオイルを使いました。アピシウスのレシピには、「松の実、クルミの皮をトーストし、ハチミツ、コショウ、ガロ、牛乳、卵、少量の純ワインとオイルを混ぜる」とあります。

 「ローマ人の食生活におけるオイルの重要性を示すものとして、ジュリアス・シーザーが軍隊に無償で提供する穀物”アノナ”にオイルを取り入れたことが挙げられます。それ以来、油の需要は劇的に増加しました。帝国の北側国境に駐留していた兵士の間でこの製品が使われていたことは、中欧や北欧の人々が食生活に取り入れていたことを示しています」とナショナルジオグラフィックは報じています。

 全世界が東京オリンピックに注目している昨今、「ローマの温泉で身体を鍛えていた人々は、闘技場や体育館でのトレーニングの前にオイルを塗っていた」ということを忘れてはなりません。

 Olio di Roma PGIは、何世紀にもわたる歴史と文化を象徴するシンボルです。

 丁寧に愛情を込めて作られたオリーブオイルは、厳しい品質チェックを経て、皆様の食卓に届けられます。

 ローマから世界へ、歴史上最高のオイルを。

出典:
https://www.coldiretti.it/economia/ue-con-lok-alligp-roma-litalia-e-leader-mondiale-dellolio
https://www.facebook.com/ColdirettiLazio/posts/3012738112296594
https://www.storicang.it/a/lolio-doliva-sostanza-multiuso-degli-antichi-romani_14928


本件に関するお問合わせ先
https://oliveoileu.jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%82%BF%E3%83%BC.html


プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/50997
提供: