和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年10月27日(水)

大妻女子大学家政学部被服学科が2コース制の新カリキュラムを発表 -- 2022年4月入学生から適用



大妻女子大学家政学部被服学科(東京都千代田区)は2022年度から、「被服学コース」と「ファッション環境マネジメントコース」の2コースを設置する。「被服学コース」では、アパレル産業におけるスペシャリスト(専門職)を、「ファッション環境マネジメントコース」では、ファッションビジネス産業のほか、広くビジネス社会に貢献できる人材(総合職)を育成。それぞれの関心に応じて、6つの領域(素材・材料/服飾造形/情報・生産/ビジネス/ビジュアルコミュニケーション/カルチャー)を意識した授業で理解を深めていく。




 被服学科のカリキュラムは、「被服」と「人間・社会・環境」との関わりを総合的に学習し、卒業時までに「科学的な物の見方ができ、感性豊かで生活の中に美を実現できる女性、自ら考え行動する女性」を育成することを目的としている。その目的にさらに注力するために、このたびコース制を敷き、既存のカリキュラムを一新した。

 「被服学コース」では、アパレル産業における専門職として、そして「ファッション環境マネジメントコース」では、ファッションビジネス産業のほか、広くビジネス社会に貢献できる総合職として、卒業後に活躍できる人材を育成。1年次は「アパレル概論」や「色彩学」などで学科の基盤科目を学び、2年次からは6つの領域(素材・材料/服飾造形/情報・生産/ビジネス/ビジュアルコミュニケーション/カルチャー)を意識し、各自の関心に応じて2コースに分かれ、理解を深めていく。

 「被服学コース」と「ファッション環境マネジメントコース」のどちらのコースにおいても、高等学校・中学校教諭一種免許状(家庭)、1級衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)等を取得することが可能。また、繊維製品品質管理士(TES)などの資格取得を目指すこともできる。

●大妻女子大学ホームページ 家政学部被服学科
 https://www.otsuma.ac.jp/academic/home/clothing/



●大妻女子大学家政学部ホームページ 被服学科
 http://www.home.otsuma.ac.jp/clothing/index.php


【更新】添付PDFを更新しました(2021/10/05 10:00)

▼本件に関する問い合わせ先
大妻女子大学 広報・入試センター 広報・募集グループ 
住所:東京都千代田区三番町12
TEL:03-5275-6011
FAX:03-3261-8119


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/51262
提供: