和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年12月07日(火)

公開講座「学校教育とスクールカウンセリング」 教育現場における心理支援を考える -- 昭和女子大学



昭和女子大学(東京都世田谷区/学長:小原奈津子)大学院生活機構研究科生活心理研究所は11月6日、公開講座「学校教育とスクールカウンセリング」をオンラインで開催します(参加無料)。




 スクールカウンセリングは、児童生徒の心理的な発達を援助する活動であり、「心の教育」や「生きる力を育てる」などの学校教育目標と同じ目的を持つ活動です。その中でスクールカウンセラーは、教員と協力して子どもたちを支える役割を果たし、コロナ禍でもさまざまな工夫をして子どもたちとかかわりを持っています。
 今回の講座では、日本のスクールカウンセラー事業をけん引した鵜養啓子・昭和女子大学名誉教授が講師を務めます。鵜養名誉教授は、文部省(現・文部科学省)の「スクールカウンセラー活用調査研究委託」事業(1995)で、初めて東京都内にスクールカウンセラーとして派遣されました。
 長年の経験と研究に基づき、学校教育における心理臨床の位置付け、スクールカウンセリングが学校現場に根付くまでの歴史、スクールカウンセラーと教員の連携、教育における心理臨床など、学校教育とスクールカウンセリングについて多角的に取り上げます。
 小学校から大学等の教員や学生に限らず、心理支援に関心のある方、心理支援に携わっている方、臨床心理学を学びたい方、小学校から中学生・高校生の保護者の方をはじめとした地域の方など、どなたでもご参加いただけます。

昭和女子大学 大学院 生活機構研究科 生活心理研究所
公開講座「学校教育とスクールカウンセリング」
日時 2021年11月6日(土) 14時~16時
形式 オンライン(ZOOM ウェビナー)
講師 鵜養 啓子 昭和女子大学 名誉教授
受講料 無料
定員 オンライン配信 450人(先着順)
申し込み方法 下記フォームから  11月4日〆切(定員に達し次第受付終了)
 https://forms.gle/xPC8jkj4cUN2rJ4G7

※昭和女子大学生活心理研究所は大学院生活機構研究科(心理学領域)と人間社会学部心理学科と連携し、臨床心理、社会心理、教育心理、認知心理、発達心理等に関する研究を推進しています。研究所附属の心理臨床相談室では、一般の方々にカウンセリング等を行っています。


▼本件に関する問い合わせ先
昭和女子大学 広報部
TEL:03-3411-6597
メール:kouhou@swu.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/52009
提供: