和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年11月28日(日)

11月20日に日韓シンポジウム「ニューノーマル時代の都市ビジョン」開催します



本日韓シンポジウムは、日本・韓国における都市政策および都市空間のありようから今後の都市計画の可能性について論じ、ニューノーマル時代の都市ビジョンを描き出すことを目指すものです。




【実施目的】
Covid-19パンデミックは相次ぐ変異株の出現により、未だ終息の兆しを見せていない。いずれCovid-19による感染は終息するだろうが、私たちは今後未知のウイルス感染と共存していかなければならないのだろう。
Covid-19パンデミックは、私たちに、働き方、生活圏、移動、公共空間など都市生活のあり方の変容を促すことになった。
本日韓シンポジウムは、日本・韓国における都市政策および都市空間のありようから今後の都市計画の可能性について論じ、ニューノーマル時代の都市ビジョンを描き出すことを目指すものである。




【開催日時】 2021年11月20日(土)13:30~17:00
【開催方法】 オンライン(Zoom ウェビナー形式)
【言  語】 日本語・韓国語(同時通訳)

<プログラム>
司会 山家 京子 (神奈川大学アジア研究センター 所長/工学部 教授)

13:00     開場

13:30~13:40 ご挨拶
総領事挨拶 尹 喜粲 氏(駐横浜大韓民国総領事)
学長挨拶  兼子 良夫 (神奈川大学学長)

13:40~13:50 趣旨説明  山家 京子


13:50~15:00 第一部 テーマ:「都市政策」

・13:50~14:25「ニューノーマルに再照準した都市政策と都市計画」
         出口 敦 氏(東京大学大学院新領域創成科学研究科研究科長 教授)
              (日本都市計画学会会長)

・14:25~15:00「韓国におけるポストコロナの都市政策」
         KIM Hyun-soo 氏(檀國大學校都市計画・不動産学部 教授)
                 (大韓民国都市計画学会会長)

15:00~15:10 休憩


15:10~16:10 第二部 テーマ:「生活圏」

・15:10~15:30「サステイナブル・リカバリーとまちづくり」
         饗庭 伸 氏(東京都立大学都市環境科学研究科都市政策科学域 教授)

・15:30~15:50「ニューノーマル時代、ソウルにおける未来空間の発展戦略」
         KIM Inhee 氏(ソウル研究院都市空間研究室 室長)

・15:50-16:10「ニューノーマル時代における公共空間の役割」
         宋 俊煥 氏(山口大学大学院 創成科学研究科 准教授)

16:10~17:00 総括・質疑応答

【申込方法】
GoogleForm(https://forms.gle/Fz9vHCfrJkL399Am8
)よりお申込みください。
当日の詳細をフォームにご登録いただいたメールアドレスにお送りします。


【お問合わせ先】
神奈川大学アジア研究センター:center-asian@kanagawa-u.ac.jp

【実施団体】     
<共催>神奈川大学アジア研究センター・駐横浜大韓民国総領事館 




▼本件に関する問い合わせ先
広報部
TEL:045-481-5661


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/52275
提供: