和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年11月28日(日)

広島からあいさつ受ける 育成1位指名の田辺高・新家投手

広島スカウト部の鞘師智也さん(右)からあいさつを受けた田辺高校の新家颯投手=25日、和歌山県田辺市学園で
広島スカウト部の鞘師智也さん(右)からあいさつを受けた田辺高校の新家颯投手=25日、和歌山県田辺市学園で
 プロ野球のドラフト会議で広島東洋カープから育成1位に指名された和歌山県の田辺高校3年の新家颯投手(18)が25日、田辺市学園の同校で、広島のスカウトから指名のあいさつを受けた。

 広島スカウト部の鞘師智也さんと末永真史さんが訪れた。佐々岡真司監督のサインが入ったドラフト会議の入場パスがプレゼントされ、広島の帽子を被った新家投手は「指名されたのは本当なんだと実感した。しっかり体をつくり、早く支配下登録選手になりたい。空振りさせる変化球には自信がある。ピンチで抑えて流れを変えられる投手になりたい」と意気込みを語った。

 新家投手は縦のスライダーなど切れのある変化球が武器の左腕。鞘師さんは、今夏の和歌山大会で市和歌山の小園健太投手を視察するために紀三井寺球場を訪れた際、新家投手の好投が目に留まり、田辺の田中格監督に連絡したという。

 鞘師さんは「腕の振りが柔らかく、特長のある変化球を投げる。ストレートの球威を上げれば十分通用する。体のサイズもあり、鍛えてみたい選手だと思った。伸びしろはたっぷりある」と期待した。