和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年11月28日(日)

シンガポール発ウィメンズファッションブランド「Love, Bonito」、日本を含む海外事業拡大と新分野の開拓に向けて5,000万ドルの資金を調達


東南アジア最大のオムニチャネルウィメンズファッションブランド「Love, Bonito」は、世界各地で活躍している女性をサポートするため、女性エコシステムへと進化することを目標に掲げています。
グローバル投資会社Primavera Capital Group主導のもと、株式会社アダストリア、投資会社Ondine Capitalが参加した シリーズC資金調達ラウンドが行われました。
調達した資金は、日本、香港、フィリピン、米国など、世界の高成長市場における事業促進のために用いられます。

シンガポール発ウィメンズファッションブランド「Love, Bonito」は本日、シリーズC資金調達ラウンドを完了し、総額5,000万ドルの調達を達成したことを発表しました。今回のラウンドでは、中国電子商取引大手アリババグループ(Alibaba)、TikTokを運営するバイトダンス(ByteDance)、ファストフードレストラン会社ヤム・チャイナ(Yum China)、乳幼児向け食品メーカーミード・ジョンソン・チャイナ(Mead Johnson China)などのグローバル企業に投資した投資ファンドPrimavera Capital Groupが主導し、日本国内外で展開を行うカジュアルファッション専門店チェーン株式会社アダストリア、グローバル投資会社Ondine Capitalが参加して行われました。また、インターネット関連サービス事業を運営している株式会社カカクコムと投資会社 Openspace Ventures が現在Love, Bonitoの株主となっています。

調達した資金は既存のオムニチャネル市場での取り組みを強化するとともに、日本、香港、フィリピン、米国など、前年比3桁成長を続けている主要市場における海外事業拡大を加速させます。さらに、女性エコシステムの構築に向けた事業戦略の一環として、ファッション以外の分野でもビジネスを拡大してまいります。


[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/2141/52612/450_271_202110271427556178e35be3abb.jpg
(Love, Bonito シニア・リーダーシップ・チーム)

海外事業の拡大を加速

2010年のブランド創業以来、Love, Bonitoは驚異的な速さで成長を遂げ、現在ではシンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、カンボジアなどの東南アジア諸国、日本、台湾、香港などの東アジア諸国、さらにはオーストラリア、米国の10の主要市場に進出を続ける、グローバルウィメンズファッションブランドとなっています。

また、2021年だけを見ても、国際市場全体で前年比120%という事業成長率を達成し、オンライン販売全体での成長率は208%となっています。特に2021年9月時点でアメリカにおけるオンライン売上高成長率は1200%を超えており、海外に住むアジア人コミュニティの持つ潜在的なニーズはきわめて高いことが見られます。

そして、今回調達した資金を活用し、Love, Bonitoはシンガポール、インドネシア、マレーシアなど、オムニチャネルで展開している既存市場を強化しつつ、日本、香港、フィリピン、米国といった他の主要市場において、オムニチャネル、新たな事業分野、地域コミュニティのアウトリーチを拡大し、主要なコラボレーションとユーザーエクスペリエンスの継続的な最適化に力を入れていきます。



女性によるビジネスVSファッションビジネス

あらゆるアジア女性をエンパワーするというブランドミッションのもと、スポーツウェア、アクセサリーなどファッションラインの品揃えを拡大させるとともに、コンテンツプラットフォーム(サービス名:LiBrary)やウェルネス(Wellness)業界を含む新規分野への進出計画(ブランド名:LaB)を立てています。

事業分野と製品拡大戦略をけん引するのは、主要プラットフォームから収集されるデータやコミュニティフィードバックです。これらの主要プラットフォームには近日発表する予定のLove, BonitoのAI技術も含まれており、最新のデータと機械学習モデルにより、世界中の女性一人一人に対してオリジナルのパーソナライゼーションを提供します。また、以下の既存プラットフォームでもカスタマーモニタリングやデータの収集に活用されています:

LBCommunity+: お客様にコミュニティ交流の場や特典を提供するLove, Bonitoのロイヤルティプログラム
LBCreate ( https://www.lovebonito.com/sg/csr
) :女性の課題を最優先に考え、未来に向けて実行可能な方策を講じることをミッションとするLove, Bonitoのソーシャルインパクトプログラム

Love, Bonito 共同創業者・Rachel Lim(レイチェル・リム)のコメント

これからの10年で何が起こるのか、非常にワクワクしています。人生のさまざまなステージにいる女性たちを常にサポートしようと努力している#チームLB(#TeamLB)と#LBCコミュニティ(#LBCommunity)なしには、これほどまでの成長は成しえなかったと感じています。女性のためのビジネスをするということは、設立初日から変わらないLove,Bonitoのミッションです。これからは、念願であったファッション以外の分野にも進出をし、より多くのサービスを提供していきます。

Love, Bonito 最高経営責任者(CEO)・Dione Song(ディオーン・ソン)のコメント

「Love, Bonitoでは、アジア人女性を理解するための強固な基盤を築いており、彼女達のニーズに一足早く応えることができます。ファッションだけに留まらず、人生のあらゆるステージで女性コミュニティのライフパートナーとなるべく準備を整えています。世界を舞台として、各国の業界大手と同格で競い合うことのできる東南アジア地域発のウィメンズファッションブランドというのを、私達はいまだ目にしたことがありません。Love, Bonitoは、革新的で、パーパス・ドリブン(目的に導かれた)な、コミュニティ主導型のブランドを目指しています。」

「また改めて、豊富な投資経験を基に、アジア地域のビジネスの可能性を見出してくださった、すべての投資家の皆様に心から感謝をしています。」

今回の資金調達を主導する投資会社Primaveraの見解

「Primaveraは、未来ある分野に投資をして、新たなトレンドや顧客層を開拓できる投資機会を探しています。Love, Bonitoは、あらゆるライフステージで女性達をサポートする独特なパーパス・ドリブンなブランドとなっています。Love, Bonitoの姿勢、そしてこの10年間で成し遂げてきたことに深い感銘を覚えました。我々は、Love, Bonitoがブランドのビジョンを実現する経験と知見を有していると確信しており、共にこの有意義な旅に乗り出せることを心待ちにしています」

シリーズB資金調達ラウンドを主導した株主・株式会社カカクコムのコメント

「Love, Bonito と一緒にグローバルの舞台に立てることを嬉しく思います。また、特に日本市場への参入においては、Love, Bonitoが掲げるデータ及び技術戦略を、引き続きサポートしていきたいと考えています。」

Love, Bonito初の外部機関投資家になるOpenspaceの見解
「初日から、Love, Bonitoであれば、女性による女性のためのビジネスを実現できると確信していました。我々は、Primaveraのような業界をリードする投資家と一緒に、Love, Bonitoの次の成長をサポートできることを心より嬉しく思います。」

成長の次なる段階として、Love, Bonitoは関連するコミュニティ全体に有意義な影響をもたらすことで、ファッション業界で変革を起こすことを目指しています。Love, Bonitoは思いやりに満ちた、豊かな「女性のエコシステム」を構築することを目標に掲げており、アジア各国の女性のさまざまなニーズに対応し、世界中のアジア人コミュニティへのリーチを広げてまいります。

■Love, Bonitoについて
Love, Bonitoはシンガポール発、東南アジア最大のオムニチャネル・ウィメンズファッションブランドです。「今のあなた、そしてもっと輝くあなたへ」をコンセプトに女性が日常の中で輝けるように、様々なシーンを想定してフィッティングとデザインを行い、おうち時間や仕事、お出かけといった現在のアジア人女性の日常に合った快適でスタイリッシュなラインナップを用意しています。

Love, Bonitoはコミュニティの構築と育成に力を入れており、考え抜いたデザイン開発とコミュニティ活動の継続的な取り組みにより、ファッション業界に革新を巻き起こしていきます。

Love, Bonito日本公式ウェブサイト
https://www.lovebonito.com/jp
Love, Bonito日本公式Instagram
https://www.instagram.com/lovebonito.jp/


本件に関するお問合わせ先
Love, Bonito日本広報事務局
lovebonito_pr@prap.co.jp


プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/52612
提供: