和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年05月20日(金)

ポンカン精油でシャンプーとトリートメント 農業法人「秋津野」

農業法人秋津野が新たに商品化した、ポンカンの精油を使ったシャンプーとトリートメント
農業法人秋津野が新たに商品化した、ポンカンの精油を使ったシャンプーとトリートメント
 和歌山県田辺市上秋津の農業法人「秋津野」は新たに、ポンカンの皮から抽出した精油を使ったシャンプーとトリートメントを商品化した。来年初めごろから販売する予定。

 同法人をはじめ、上秋津地域では、地域にあるさまざまな資源を生かした活性化に取り組んでいる。

 かんきつ類のジュースを搾った後の皮を活用しようと、地域内の農業法人「きてら」が精油を抽出することができる施設を新設し、今年から稼働している。きてらでは、三宝柑とポンカンの精油を使ったハンドクリームを商品化しており、今回は、秋津野が県外の業者に製造してもらって、ポンカンの精油を使ったシャンプーとトリートメントを商品化した(各300ミリリットル入り)。ほのかにポンカンの良い香りがし、トリートメントはしっとりとした仕上がりになるという。

 秋津野が運営する交流施設「秋津野ガルテン」には宿泊棟があり、今後は、各部屋にこのシャンプーとトリートメントを備えることにする。このほか現在、宿泊棟の部屋などでかんきつの香りを楽しんでもらえたらと、ポンカンの芳香剤の商品化にもかかっている。出来次第、芳香剤も部屋に置く予定にしている。

 秋津野の玉井常貴会長は「地域経済を循環させるためには、地域資源をいかに生かすか考えることが大切。かんきつの里をいろいろな形で楽しんでいただければ」と話している。
宿泊者にプレゼント


 秋津野ガルテンは、開業13周年の記念企画として、11月の予約日限定で「お得な宿泊プラン」を用意した。宿泊者全員(小学生以上)にこのシャンプーとトリートメント(計5千円相当)をプレゼントする。

 田辺市在住者が対象の市の「じもたびキャンペーン」や、県内在住者が対象の県の「わかやまリフレッシュプラン」を使うことができる。料金は1泊2食付き1人1万円(大人2人以上同室の場合)。

 新型コロナ感染症対策として、宿泊棟の各部屋は畳やふすま、カーテンを抗菌仕様にし、空気清浄機も設置している。

 予約日は11月の4日、7日、10日、16日、19日、22日、24日、27日、30日。1日限定和室4室、洋室3室まで。

 予約は、秋津野ガルテン(0739・35・1199)へ。