和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月04日(月)

全町民対象に防災訓練 世界津波の日を前に、印南町

大津波警報の訓練放送を合図に最寄りの避難所に向かう住民(3日、和歌山県印南町で)
大津波警報の訓練放送を合図に最寄りの避難所に向かう住民(3日、和歌山県印南町で)
 世界津波の日(11月5日)を前に和歌山県印南町は3日、全町民を対象とした防災訓練をした。地震発生直後、それぞれがその場で自分の身を守る行動を取るなどし、沿岸地域では津波避難訓練をした。

 町が毎年この時期に実施している訓練で、全戸にチラシで参加を呼び掛けた。午前7時50分ごろ、県南方沖でマグニチュード9・1の地震が発生し、印南町では震度6強を観測したと想定した。

 訓練放送を合図とし、全町民対象のシェイクアウト訓練があり、町民がそれぞれ自宅などで「姿勢を低くして頭を守り、じっとする」という安全行動を実行した。

 津波避難訓練は、地震発生の3分後、大津波警報が出されたと想定。訓練放送とスマートフォンや携帯電話の緊急速報メールを合図とした。沿岸地域の住民がそれぞれ、最寄りの一時避難場所に向かった。消防車両などが地域内を巡回し、ただちに避難するよう呼び掛けた。

 訓練終了後には地区の自主防災会単位で、発電機や投光器、消火器、担架といった避難所に備えてある資機材を活用する訓練があり、地区内での救命救急や連携体制を確認した。