和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年11月14日(木)

かき氷にバラの香りいかが 古座川の食品会社がシロップ

バラの香りが凝縮されたシロップ
バラの香りが凝縮されたシロップ
 和歌山県古座川町三尾川で食用バラを栽培している株式会社「あがらと」は、バラの香りを凝縮したシロップ「Dew Rose CORDIAL」の販売を始めた。てんさい糖、バラ、レモン汁のみを使用したシロップで、ジュレ、クリーム、かき氷などに幅広く使える。140ミリリットル入り税込み2376円。

 同社は2017年5月から農薬、化学肥料、動物性肥料を使わない独自の方法で食用バラを栽培しており、ジャムの加工、販売もしている。

 同社広報の苅部美乃里さん(31)は「これからの季節はかき氷のシロップに使うのがお薦め。バラの香りを楽しみながら、ぜいたくなかき氷を食べてみては」と話している。

 問い合わせは同社(0735・75・0075)へ。