和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月23日(日)

学校法人聖学院が12月8~10日の「エコプロ2021 持続可能な社会の実現に向けて」に出展 -- 地球や社会環境の課題を自分ごと化する一貫教育を紹介



学校法人聖学院(東京都北区、理事長=清水正之)は、12月8日(水)~10日(金)に開催される「エコプロ 2021 持続可能な社会の実現に向けて」(主催:日本経済新聞社、一般社団法人サステナブル経営推進機構)に出展。同法人の設置校で展開されている、地球や社会環境の課題を自分ごと化する一貫教育について紹介する。




 学校法人聖学院は2018年に中期経営計画である「聖学院ビジョン」を策定。その際、学院の目指す社会に貢献する人材の育成と「誰一人取り残さない世界の実現」を重要課題として位置づけ、グローバル・コンパクトに署名・加入した。持続可能な社会の実現に向けた教育環境の充実に取り組んでいる。

 具体的な取り組みとして、2021年度には聖学院中高、女子聖学院中高、聖学院小学校の3校が合同で、聖学院の次世代教育を考える組織として「聖学院教育デザイン開発センター」を設置。「SDGs」「英語」「ICT」を一貫教育の柱として位置づけ、「SDGs・共生教育ユニット」「英語・グローバル教育ユニット」「ICT活用授業・学習環境デザインユニット」のユニットごとにプロジェクトを推進している。それぞれのユニットは各校からの複数名の教員と事務職員で構成されており、外部の有識者をアドバイザーとして招いている。

 こうした取り組みを紹介するため、同法人は12月8日(水)~10日(金)に開催される「エコプロ 2021 持続可能な社会の実現に向けて」に出展する。
 今回の展示ブースでは、幼稚園から大学院までの全ての聖学院関係者を対象に実施した「聖学院SDGsコンテストPHOTO &MOVIE」受賞作品や、聖学院中高と女子聖学院中高合同の「防災エコ・プロジェクト」、大学において実施した環境ワークショップや小学校と大学で実施した「防災講座」の報告を展示。小学校から大学に至るまでSDGsを自分ごと化するための教育の取り組みを見ることができる。概要は下記の通り。

■「エコプロ2021 持続可能な社会の実現に向けて」開催概要
【会 期】 12月8日(水)~10日(金)
【会 場】 東京ビッグサイト
【主 催】 日本経済新聞社、(一社)サステナブル経営推進機構
【入場料】 無料(登録制)
【 URL 】 https://eco-pro.com/2021/

《聖学院ブース出展内容》
○SDGsフォトコンテスト受賞作品
 最優秀賞(1点)、優秀賞(2点)、佳作(4点)、広報センター長賞(1点)の展示、受賞者メッセージ動画
○聖学院中高×女子聖学院中高
  防災エコ・プロジェクト実施報告
○聖学院大学×聖学院小学校
  環境ワークショップ、防災学習報告

(関連記事)
・学校法人聖学院「エコプロOnline 2020 持続可能な社会の実現に向けて」に出展 -- 地球や社会環境の課題をジブンゴトとして積極的に学ぶ --(2020.11.25)
 https://www.u-presscenter.jp/article/post-44838.html
・学校法人聖学院 中期計画「聖学院ビジョン」年次報告書2020発行 -- 教育開発を担うプロジェクトを始動 --(2021.07.07)
 https://www.u-presscenter.jp/article/post-46254.html
・第2回 聖学院SDGsコンテスト PHOTO & MOVIE 開催~オンラインでもSDGs「自分ゴト化」を促進~(2021.09.01)
 https://www.u-presscenter.jp/article/post-46518.html


▼本件に関する問い合わせ先
聖学院広報センター
松田・萩野
住所:東京都北区中里2-9-5
TEL:03-3917-8530
FAX:03-5907-7034
メール:pr_h@seigakuin-univ.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/53698
提供: