和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月29日(土)

学校法人藍野大学が八日市商工会議所の施設利活用に関する要望書を東近江市長に提出



 びわこリハビリテーション専門職大学(滋賀県東近江市/学長 山川正信)を設置する学校法人藍野大学(大阪府茨木市)の小山英夫理事長が滋賀県東近江市の小椋正清市長を訪問し、八日市商工会議所の施設利活用に関する要望書を提出しました。




 びわこリハビリテーション専門職大学は、2024年に設置自治体である東近江市の中心市街地八日市駅前に''びわこリハビリテーション専門職大学の新たなキャンパス''を開設する計画をしています。
 同キャンパスでは、学生への学問の提供だけではなく、地域連携拠点として地域と大学をつなぐ様々な試みを行います。人々が知識を深め、思考し、アクションを起こす''考動の場''として、新たな学びのカタチに挑戦する空間の創出を目指します。
 また、産学官地域連携事業を3つの分野(地域創生分野・教育実践分野・大学開放実践分野)に整理し、相互に連携し、多様な地方創生・地域協創の実現に向け取組みます。この3つの部門で、学生はPBL(Project-Based Learning[課題解決型学修])において、現実の社会やビジネスの課題に向き合い、課題解決力やコミュニケーション力を磨きながら、学生のフレッシュな感性を活かした解決策を、企業や地域に提案いたします。
 さらに、専門職大学として革新的な教育・研究・地域貢献活動を行う拠点となる同キャンパスには、企業・行政機関・NPO等で多様な実務経験を持つ社会人が集い、研究員としてそれぞれの経験、知見を基に自らの研究テーマを深めつつ、学生への実践的な学びの提供に寄与します。
 常に新たな教育研究システムの開発に努めるとともに、産・官・学、地域との連携による研究、新産業の創出にも積極的に取り組んでいきます。

 この構想を取組み、成果を共有することで、八日市商工会議所に、本法人の学生・教職員・学校を取り巻くステークホルダーの集客が見込まれ、「東近江市中心市街地活性化基本計画」に寄与できるものと考えています。こうしたことから、学校法人藍野大学は、令和3年12月1日に東近江市長宛てに要望書を提出しました。

【関連リンク】
学校法人藍野大学ホームページ http://www.aino.ac.jp/
びわこリハビリテーション専門職大学ホームページ http://aino.ac.jp/professional/



▼本件に関する問い合わせ先
学校法人藍野大学 法人事務局
小林
住所:大阪府茨木市高田町1番22号
TEL:072-621-3764
FAX:072-621-3756
メール:admin@aino.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/54080
提供: