和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月18日(火)

ノーベル賞受賞者がNobel Visionでテクノロジーの未来を予測

AsiaNet 93573 (3142)

【モスクワ2021年12月9日PR Newswire=共同通信JBN】ノーベル賞、ウルフ賞、アーベル賞、フィールズ賞受賞者、ロシア国内外の一流科学者、未来学者、Thinkers50ランキング参加者、当局と革新的事業の代表者は「タイムカプセル(Time Capsule)」にテクノロジーの未来に対するビジョンを保管してきた。2022年末までに、専門家の予測が実現したか否か発表される。70カ国の100万人を超える視聴者がスコルコボ(VEB.RF Group)で行われた「Nobel Vision. Open Innovations 2.0」International Forumで専門家を見守っていた。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1705900/Nobel_Vision.jpg

ノーベル化学賞受賞者(1987年、2004年)のジャン=マリー・レーン(Jean-Marie Lehn)氏とアーロン・チカノーバー(Aaron Ciechanover)氏、 2011年ノーベル経済学賞受賞者のトーマス・J・サージェント(Thomas J. Sargent)氏、持続可能な開発目標達成のための国際機関との連携を担当するロシア連邦大統領特使のアナトリー・チュバイス(Anatoly Chubais)氏、その他発言者の予測は「タイムカプセル」に保管され、2022年に開催される次回フォーラムで公開される。

ロシア連邦のミハイル・ムラシュコ(Mikhail Murashko)保健相、コロンビア大学のSheena Iyengar教授は、異なるステージでのCOVID-19治療のための手頃な医薬品の開発を予測していた。スコルコボ基金(Skolkovo Foundation)のArkady Dvorkovich会長は、基礎エネルギー源需要の高まりを予想しているが、これにはESG技術と原則実施による生産への投資削減が伴う。Russian InvestmentsグループのKirill Ignatyev取締役会長は、経済カスタマイゼーション、宇宙研究の飛躍的進歩と食品バイオテクノロジーの発展、マイクロエネルギー、環境技術に賭けている。

2007年にノーベル平和賞を受賞したチョン・レイ・クォン(Rae Kwon Chung)氏は「水素生産技術はもちろん炭素捕捉、保存、貯蔵の技術は、きわめて近い将来に主要な役割を果たすだろう。世界の発展に劇的な影響を与えるのは確かだ」と語った。

2014年ノーベル医学生理学賞受賞者のエドバルド・モーセル(Edvard Moser)氏は「神経生物学では技術が完成し、これで認知的作業達成の瞬間に何千ものニューロン活動を観察することが可能となる。特定の標的細胞の活動を興奮させたり抑制させたりすることにより、脳の機能性をより良く理解し、効率的に幅広い神経心理疾患を治療することができるようになる」と述べた。

ソーシャルネットワークとフォーラムのパートナーのウェブサイトで配信された。セッションの録画はフォーラムの公式ウェブサイトhttps://openinnovations.ru/ で視聴可能。

Nobel Vision. Open Innovations 2.0 Forumの共同主催者は、スコルコボ基金(VEB.RF Group)、モスクワ市政府、VEB Ventures(VEB.RF Group)。フォーラムの公式パートナーは、JSC Russian Railways(ロシア鉄道)である。

フォーラム公式ウェブサイト:https://openinnovations.ru/

▽メディア問い合わせ先
press@forinnovations.ru

ソース:Nobel Vision. Open Innovations 2.0” Forum



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202112094733
提供: