和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月29日(土)

フランス発!世界のトップデザイナーによる“美とやすらぎ”の提案 「リーン・ロゼ」九州初上陸!12月10日、博多リバレインモールにオープン!

~「リーン・ロゼ福岡」に話題の最新作、アニバーサリーを記念したレア商品が集結~

ドリームベッド株式会社(本社:広島市西区、1950年創業、代表取締役社長:小出克己)は、ライセンス生産を行っているフランスのインテリアメーカーRoset(ロゼ)社の主力ブランド ligne roset(リーン・ロゼ)の新店舗「ligne roset FUKUOKA(リーン・ロゼ福岡)」を2021年12月10日(金)福岡市博多区の商業施設「博多リバレインモール」1Fにオープンします。日本国内でのロゼショップは、銀座、六本木、新宿、大阪、甲府に次ぎ6店舗目となります。約250㎡の店内に世界的に有名なデザイナーとのコラボレーションによる新作ソファをはじめ、ダイニングチェア、ベッド、ボード、テーブル、アクセサリー、照明、ラグ等、約120アイテムを取り揃えて、コンテンポラリーなライフスタイルをトータルに提案します。





[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/2260/54035/290_193_2021120914565261b19aa4e3af2.JPG
 
[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/2260/54035/290_193_2021120914565961b19aab74c0e.JPG

◆リーン・ロゼ福岡はロゼ社の最新ショップコンセプトをベースに誕生しました。大きくは3つの特徴があります。




一つ目は、「自然との調和を図ること」。温かみのある店づくりは居心地の良い快適な空間を提供しています。お客様は気軽にお店に入ることができ、コレクションをゆっくり楽しむことができます。二つ目は、「リーン・ロゼの魅力を最大限に引き出すこと」、商業とデザインとの融合。単に美しくディスプレイされるだけでなく、ソファと家具の色の統一性、特徴と独自性を尊重し空間をつくっています。三つ目は、「地域性との協調」。リーン・ロゼが提供するトータル提案をベースに、市場特性に対応するコンパクトなユニットを形にしました。

上質な素材によって生まれる「ligne roset FUKUOKA(リーン・ロゼ福岡)」の店内空間には、特に人気の高いモデルやフィリップ・ニグロ氏の代表作、そして最新作を展示しています。ハイクオリティなリーン・ロゼの多様性とオリジナリティを、これまで以上に身近に感じていただける店舗となっています。

◆リーン・ロゼ福岡のショップ監修にあたったフランス出身のデザイナー/フィリップ・ニグロ氏と最新作「ROSETHEMICYCLE(ロゼヘミシクル)」
   
[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/2260/54035/150_212_2021120710264061aeb850809f0.jpg
     
[画像4]https://user.pr-automation.jp/simg/2260/54035/300_211_2021120710264761aeb8570d24b.png
1997年、パリの『Ecole Boulle(エコール・ブール国立工芸学校)』を卒業。Michele de Lucchiのアシスタントとして幅広く様々なプロジェクトに携わりました。多くの著名な家具製造者とコラボレートするだけでなく、イタリア郵便事業など、他の異なる分野の仕事にも従事。その豊かな創造性は各業界で話題となっていました。
2010年にロゼ社とのコラボレーションで発表した『ROSETCONFLUENCES(ロゼコンフルアンス) 』は、そのユニークなデザインで家具見本市の話題を独占、レッドドットデザイン賞をはじめとして、多くのタイトルを獲得しています。

◆ドリームベッド株式会社が日本にligne roset(リーン・ロゼ)を紹介して、今年で40周年。
ligne roset(リーン・ロゼ)ショップは現在、パリ、ロンドン、フランクフルト、ニューヨーク、ロサンゼルスなど、欧米の主要都市をはじめとする世界65ヶ国、販売拠点数750店舗を有し、その内の250店舗はロゼ社のオンリーショップ(直営店舗)で展開しています。ドリームベッド株式会社は世界で唯一フランスRose社とライセンス契約を結んでいます。コロナ禍においては「巣ごもり需要」を受けて好調に売上は推移。高額価格帯であるロゼショップの売上は特に伸長しており、インテリアへの市場の関心が高まっているものとして受け止めています。来る2022年度は名古屋市への出店を予定しています。


― 記 ―



[画像5]https://user.pr-automation.jp/simg/2260/54035/200_23_2021120710320461aeb99495192.png
(リーン・ロゼ 福岡)


■住所:福岡県福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインモール1F
■アクセス:中洲川端駅/福岡市営地下鉄 空港線/貝塚線 6・7出口
■営業時間:AM10:30~PM7:30
■店長:吉澤 華子
■連絡先 :TEL:092-282-1208 FAX:092-282-0508
■店休日:不定休
■WEB :https://www.ligne-roset.jp/
(リーン・ロゼ公式HP)


【ligne roset(リーン・ロゼ)】プロフィール

リーン・ロゼの創業は1860年、フランス リヨン郊外のブリオードが発祥の地です。当初は木工所としてスタートし、戦後の家具の供給に貢献した後、デザイナーとのコラボレーションによる本格的なコンテンポラリー家具の製造を開始するなど、時代とともに発展を続けてきました。

[画像6]https://user.pr-automation.jp/simg/2260/54035/300_138_2021120710335561aeba032d516.png
1968年には、当時の家具市場において大革命となるオールウレタン構造のソファを開発。
1973年にミッシェルデュカロワの作『ROSET TOGO』がパリ国際家具見本市で発表されると、来場者をあっと言わせ、瞬く間に世界中のデザインへ影響を及ぼしました。


ロゼ社は、コンテンポラリーなライフスタイルをトータルに提案することをブランドコンセプトにしており、約100名のデザイナーが携わっています。今日では、ソファ、キャビネット家具のほかに、照明、アクセサリー、カーテン、テーブルウェアーに至るまでトータルに提案。洗練されたデザインはもちろんのこと、毎年発表される豊富なラインナップと多彩な生地・カラーバリエーションを魅力に、世界各国から支持されています。

【ドリームベッド株式会社】プロフィール

ドリームベッド社は、1950年に広島で創業。駐留軍のマットレス修理を請け負ったことを機に、「寝心地のいいマットレスを日本でも普及させたい」という創業者の想いが、当社のはじまりです。以来、自社製造にこだわってきました。自社ブランドの他、アメリカの「Serta(サータ)」、ドイツの「RUF(ルフ)」、フランスの「ligne roset(リーン・ロゼ)」など海外ブランドも、ライセンス契約により、単なる輸入ではなく、国内自社工場での生産をしています。高品質かつライフスタイルにフィットする多様な商品を、リーズナブルにラインナップするとともに、海上運賃や通関などの輸入コストを抑え、よりスピーディーでお客さまに密着したアフターサービスを実現しています。長年培ったノウハウや技術を活かした質の高いモノづくりでお客さまに「快適で美しいくらし」を提供してまいります。

【ドリームベッド株式会社 会社概要】
■住所:広島県広島市西区己斐本町3-12-39
■代表者:代表取締役社長 小出克己
■創業:1950年10月1日
■事業内容:べッド・リビングソファ・インテリア用品の製造、販売
■資本金:785,715千円
■従業員数:507名(2021年3月1日時点)
■代表電話:082-271-4201(代) fax: 082-271-4404 / 082-271-4274
■公式サイト:https://www.dreambed.co.jp/







本件に関するお問合わせ先
有限会社ピーアール・デザイン・インク
担当:吉益(よします)
MAIL:yoshimasu@pr-design.co.jp
Mobile:090-1682-2877
*掲載のご検討にあたり、掲載決定となりましたら、添付資料から御紙・誌編集に最適な画像をお選びいただき こちら(yoshimasu@pr-design.co.jp)までご連絡ください。
画像データで対応させていただきます。

または
ドリームベッド株式会社
担当:久坂、田中
MAIL:ksk1774@dreambed.co.jp  MAIL:tnk1699@dreambed.co.jp 
TEL:082-271-4201

関連リンク
リーン・ロゼ公式HP
https://www.ligne-roset.jp/


プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/54035
提供: