和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年08月18日(日)

免許の自主返納増え支援費追加 みなべ町

 和歌山県みなべ町が高齢者の交通事故対策として本年度から始めた、運転免許証を自主返納した高齢者にコミュニティーバスやタクシーなどに使える共通乗車券を交付する事業で、申請者が増えており、町は補正予算として100万円の予算を追加した。


 支援対象は町に住民登録があり、4月1日以降に運転免許証を自主返納した65歳以上(返納時)の人。普通免許のみ取り消して、原付き免許を残すなど免許の一部取り消しや、免許更新しなかった(有効期間が切れた)場合は対象にならない。


 南部タクシー(コミュニティーバス、定期便、タクシー)で利用できる乗車券1万5千円分(300円券を50枚)と、みなべスタンプ協同組合の加盟店で使える商品券5千円分を交付する。


 町総務課によると、21日までに25人が申請した。当初予算は30人分として60万円を計上していたが、新たに50人分として100万円を追加した。