和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年05月23日(月)

和歌山県産温州ミカン完売 ベトナムに初輸出

和歌山県産温州ミカンを試食するベトナムの消費者
和歌山県産温州ミカンを試食するベトナムの消費者
 JAグループわかやまや日本貿易振興機構(ジェトロ)和歌山、県は今月、県産温州ミカンのベトナムでの初めての販売に伴い、現地でPR活動をした。日本国内産としても初の輸出となった。消費者から好評で、完売したという。関係者は消費者、バイヤーの声を参考に、来年度の輸出拡大に向けて取り組んでいきたいとしている。

 国内からベトナムへの温州ミカンの輸出が10月1日に解禁されたことに伴う販売。11月28日に有田川町のJAありだの選果場で出発式をし、29日にベトナムに2トン輸送。12月2日から現地で販売を始めた。

 ハノイやホーチミンの「イオンモール」やホーチミン高島屋の高級食材店「アンナムグルメマーケット」、ホーチミンの輸入食材店などで販売し、ベトナムでの販売価格は、イオンモールで1キロ当たり約1300円だった。

 現地政府関係者やメディアへのPRの場を設け、来賓でベトナムの農業農村開発省植物保護局の次長や駐越日本国大使館の公使も出席した。駐越日本国大使館から現地政府関係者への県産温州ミカンの贈呈もあった。

 消費者からは「味がとても甘く、濃く、香り高く、ジューシー。ベトナム産との違いに驚いた」「中の実の皮が柔らかく、そのまま食べられるのはうれしい」「少し値段が高いが、お世話になっている人への贈答に利用したい」などの声があった。