和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月20日(木)

ホシハジロの群れが越冬 和歌山県田辺市

岩口池に飛来したホシハジロ(和歌山県田辺市稲成町で)
岩口池に飛来したホシハジロ(和歌山県田辺市稲成町で)
 和歌山県紀南地方への飛来が少ない冬鳥ホシハジロ(カモ科)の群れが、田辺市稲成町の岩口池などで越冬している。

 全長45センチほどで、雄は赤みのある茶色の頭と黒い胸が特徴。雌は地味な茶色をしている。水生植物の茎や根などを食べるが、潜水してザリガニやエビなどの甲殻類も捕るという。

 岩口池では、数羽が優雅に泳ぎ回り、潜水して餌を探したり、羽繕いをしたりする姿が見られる。くちばしを羽の中に突っ込んで休憩することもある。

 和名の星羽白は白っぽい背中に小さな黒い模様が点在していることに由来する。