和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年05月28日(土)

田辺梅林今年も開園見送り コロナ感染拡大で決定

夕暮れの田辺梅林(2021年2月撮影)
夕暮れの田辺梅林(2021年2月撮影)
 和歌山県田辺市上芳養の「紀州石神田辺梅林」を運営する紀州田辺観梅協会は19日、2月11日から3月6日まで梅林を開園する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえ、開園を中止すると発表した。催しも中止し、売店は開かない。例年実施している田辺観光ボランティアガイドの会主催の「梅林ウオーク」についても同様に中止する。ただ、梅林は自由に散策できるという。

 昨年に続いての開園中止について、協会の濱田洋会長は「今年こそと期待していたが、いまの状況から、安全を優先して中止することにした。一昨年も予定より開園期間を短縮したし、影響は3年目になる」と話している。