和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年08月19日(月)

白浜花火大会を18日に延期 台風接近で和歌山県白浜町

白良浜で打ち上がる花火(写真は7月30日)
白良浜で打ち上がる花火(写真は7月30日)
 和歌山県白浜町の白良浜で10日に開催予定だった白浜花火大会(実行委員会主催)は、18日に延期することが決まった。台風接近に伴って波が高くなり、海上から花火を打ち上げる台船が準備できないため。

 気象庁によると、大型で強い台風10号は8日正午、小笠原近海で停滞している。

 白浜花火大会では、白良浜の波打ち際から約300メートル沖の台船などから花火が上がる。水中スターマインや横に伸びる「ナイアガラ」も含め、約3200発が予定されている。

 花火大会の延期に伴い、白良浜近くの「しらら・はまゆう公園」で18日に予定されていた「ちびっこ夏まつり」(白浜町中央公民館白浜・瀬戸分館主催)は25日午後5時半~9時への延期が決まった。同日が荒天の場合は中止。