和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月05日(火)

梅咲き始める 日本一の産地・和歌山県みなべ町

花が咲き始めた梅の木。メジロの姿も見られる(和歌山県みなべ町晩稲で)
花が咲き始めた梅の木。メジロの姿も見られる(和歌山県みなべ町晩稲で)
 日本一の梅産地、和歌山県みなべ町で梅の花が咲き始めた。まだまだ咲き始めた木は少ないが、平野部では今週末に広がってくるとみられる。

 町うめ課とJA紀州みなべ営農販売センターが花芽伸長調査をしており、これまで2回の調査では、産地全体をみた開花始めは2月上旬、満開期は中旬以降で、いずれも平年並みの予測だったが、25日に実施した3回目の調査では、平年より少し遅くなる予測に変わった。寒い日が続いたからだとみられる。

 地域別にみると、咲き始めは高城と清川の山間部は2月中旬になりそうだが、南部や上南部の平野部は上旬で変わらないという。

 上南部地域の農家によると、平年よりも少し遅いようだが、今週末から来週初めにかけて花をちらほらと咲かせる木が増えてくるとみられる。

 同町晩稲の南部梅林でも木によって花が咲き始め、メジロなどの野鳥が飛び交っている。春が間近まで来ている。