和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月05日(火)

28日までジビエフェスタ みなべ、印南、龍神から8店舗参加

わかやまジビエフェスタのチラシ
わかやまジビエフェスタのチラシ
 和歌山県内で捕獲されたイノシシやシカの肉を使ったジビエ料理を多くの人に伝える県主催の「わかやまジビエフェスタ」が28日まで開かれている。みなべ町、印南町、田辺市龍神村では八つの宿泊施設やレストランなどが参加している。

 フェスタでは県内のレストラン、カフェ、宿泊施設などが協力してジビエ料理を提供している。11回目となる今回の参加店舗は88店舗で、過去最多だった前回の77店舗を上回っている。県畜産課によると、回を重ねるにつれてイタリアン、フレンチなど料理の内容が多様になっているという。

 フェスタ期間中に参加店舗でジビエメニューを食べるともらえるはがきで応募すると、5千円相当の「わかやまジビエ」の詰め合わせが抽選で20人に当たる企画や、写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿するフォトコンテストもある。

 インターネットでも参加全店舗や料理の詳細を紹介している。「わかやまジビエフェスタ」で検索すればよい。

 同課では、新型コロナウイルスの影響などで実施内容が変わる場合があるので、訪問前に必ず各店舗に問い合わせてほしいと呼び掛けている。

 みなべ町、印南町、田辺市龍神村の参加店舗は次の通り。

 みなべ町=鶴の湯温泉▽印南町=食事処花風▽田辺市龍神村=まごころの宿丸井、道の駅龍神ウッディプラザ木族館、美人亭、アトリエ・メイジュアン、旅館さかい、民宿ささゆり

 問い合わせは県畜産課(073・441・2924)へ。