和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年08月19日(月)

田中圭、林遣都と『おっさんずラブ』お泊りロケを回想「平成最後の満月に初めて真面目に話した」

お泊りロケを回想した(左から)林遣都、田中圭 (C)ORICON NewS inc.
お泊りロケを回想した(左から)林遣都、田中圭 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の田中圭(35)と林遣都(28)が13日、都内で行われた『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(23日公開)のプレミアムトークイベントに登壇。撮影を振り返った田中が「お泊りロケ楽しかったよね。初めてちゃんと真面目な話したよね」と明かすと、林が「平成最後の満月の夜に」といい、会場に集まった女性ファンからは大歓声が上がっていた。

【写真】仲睦まじく手を振る林遣都と田中圭

 田中は「本当に毎日(撮影が)楽しかったです!」と満面の笑み。林との真面目トークも「お泊りロケ、楽しかった」と言い、さらにファンの拍手が沸き起こった。

 エキストラの参加があった花火大会の撮影シーンを振り返った林は「本当にみなさんおっさんずラブを愛してくださっていて、(撮影を)見に来た感じではなく、作品の一部として細かい演技をしてくださいました」と撮影に協力してくれたエキストラに感謝していた。

 吉田鋼太郎(60)と映画版から新規キャストとして加わった志尊淳(24)と沢村一樹(52)は5人でのサウナのシーンを回想。沢村が「DVDになったときにはモザイクがかかりますが、劇場版ではモザイクはかかりませんから!」とエロ男爵っぷりを発揮するも、すかさず田中から「テキトーなことを言うのはやめてください」とストップがかかった。吉田も「サウナのシーンすごく大変だった。でも、すごくやりきった。色んな意味でお楽しみに」と満足気な笑みを浮かべていた。

 この日は、内田理央(27)、金子大地(22)、伊藤修子(42)、児嶋一哉(47)、眞島秀和(42)、大塚寧々(51)、瑠東東一郎監督(40)も出席した。

 映画版は、陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊)が天空不動産第二営業部に加わるも、本社で新たに発足したチーム「Genius7」のメンバーが突如として現れ、リーダーの狸穴迅(沢村)は、春田たちに立ち去るよう言い放つ。そのチームには、本社に異動した牧凌太(林)の姿もあり、何も知らされていなかった春田(田中)を尻目に、牧は狸穴とともに去って行った。動揺する春田を元気づけるジャスティス。さらには終わったはずの黒澤武蔵(吉田)の恋心にも再び火が付き、前代未聞のおっさんたちによる五角関係のラブ・バトルロワイヤルが描かれる。

【写真】お揃いコーデにキュン!『おっさんずラブ』春田&牧の“カップルショット”
【写真】バキバキの筋肉!背中の肉体美も披露する田中圭
【おっさんずラブ名場面】武蔵がはるたんにプロポーズ!? 胸キュンシーン
【写真】“おっさんずラブ”瑠東東一郎監督と喜びのハグをする田中圭
【写真】授賞式で仲睦まじく笑い合う田中圭&吉田鋼太郎
提供:oricon news