和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年08月20日(火)

ウナギは捕れなかったけど 小学生が伝統漁法体験

一つ一つ石をどかしてウナギを探す児童(和歌山県古座川町川口で)
一つ一つ石をどかしてウナギを探す児童(和歌山県古座川町川口で)
 和歌山県古座川町内の小学3~6年生15人が10日、町内で古座川の伝統漁法「ウナギ石漁」を体験した。ウナギは捕れなかったが、ふるさとの伝統に触れて川遊びを楽しんだ。

 町教育委員会の「古座川アドベンチャーキッズ」という取り組みで3年目。学校や学年を越えたグループでの体験活動を通して、ふるさとを学ぶ目的で開いている。

 高池、明神、三尾川の全3小学校から参加した児童は3日に、同町川口を流れる古座川の支流・小川に石を積んだ仕掛けを三つ設置。10日に再度集まり、ウナギが隠れていないか確認しながら一つずつ石をどかした。ウナギは見つからなかったが、テナガエビやハゼを網で捕まえて楽しんだ。

 その後、用意された天然や養殖のウナギで作ったうな丼を河原で味わった。