和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年07月14日(火)

写真でまちの魅力発信 串本町公民館が写真講座

講師と一緒に奇岩を撮影する写真講座の受講生(左)=18日、和歌山県串本町くじの川で
講師と一緒に奇岩を撮影する写真講座の受講生(左)=18日、和歌山県串本町くじの川で
 和歌山県の串本町公民館の写真講座が18日にあり、受講生8人がカメラの基礎を学びながら町内にある橋杭岩を撮影した。写真を通じてまちの魅力を再発見し、発信してもらおうと企画した。受講生による作品展を計画している。

 講師は日本写真家協会会友の角山明さん(76)=串本町潮岬。受講生はコンパクトカメラを手にした初心者がほとんどで、角山さんは撮影に必要な絞りやシャッタースピード、ISO感度の設定などについて解説したり、カメラを構える受講生のそばで構図を指導したりした。

 角山さんは「大抵の人はカメラにお任せのオートで撮影しているが、機能の生かし方を知っていると、カメラに〝指示〟ができる。自分で撮影している実感ができると写真がもっと面白くなる」と助言した。

 受講生の撮影した作品は角山さんが講評、選考し、町文化センターに展示する予定。