和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年09月16日(月)

蛇形地蔵近くで崩落 熊野古道の迂回路

台風10号によって崩れた熊野古道の迂回路(21日、和歌山県田辺市中辺路町道湯川で)
台風10号によって崩れた熊野古道の迂回路(21日、和歌山県田辺市中辺路町道湯川で)
 和歌山県田辺市中辺路町道湯川、熊野古道中辺路の蛇形地蔵周辺の迂回(うかい)路が台風10号によって約5メートルにわたって崩れた。正規ルートは2011年の紀伊半島大水害以降、通行できなくなっており、田辺市は別の迂回路の案内を始めた。市観光振興課は「従来より20~30分程度時間がかかるため、注意してほしい」と呼び掛けている。

 市が16、17日に市内の古道を調査して被災箇所に気付いた。復旧を検討している。被災区間、新たな迂回路は市ホームページでも公開している。