和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年09月19日(木)

パンダが取り持つ縁 日中友好で白浜に記念植樹

日中友好の証しとしてハナモモとサクラを植樹する王文麗副司長(左から2人目)や仁坂吉伸知事(左から3人目)ら=21日、和歌山県白浜町で
日中友好の証しとしてハナモモとサクラを植樹する王文麗副司長(左から2人目)や仁坂吉伸知事(左から3人目)ら=21日、和歌山県白浜町で
 中国外交部の中堅幹部代表団が21日、中国から貸し出されたパンダが飼育されている和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドを訪れ、日中友好の証しとしてハナモモとサクラを記念植樹した。

 日中両国の関係を良好にするためには、双方の外交当局による意思疎通の強化が必要だとして、昨年からお互いに行き来している。白浜で飼育されるパンダは繁殖研究を目的に中国から借りており、日中の友好を深めている。

 代表団のメンバーは、辺境海洋事務司副司長の王文麗さんを団長に10人。仁坂吉伸知事らとともに訪れた。

 植樹場所は、2014年12月に生まれた双子の「桃浜(とうひん)」と「桜浜(おうひん)」が暮らす希少動物繁殖センター「パンダラブ」前。ハナモモは友好のシンボル、サクラは日本を象徴する花で、2匹の名前になっている。王団長や仁坂知事、同園を運営するアワーズの山本雅史社長ら8人が、いずれも5年生で高さ約2・5メートルの木を植えた。

 代表団は、パンダの飼育や展示状況を見るとともに意見交換もした。