和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年11月13日(水)

びわこ成蹊スポーツ大学サッカー部の忽那喬司選手が愛媛FC、糸原紘史郎選手がガイナーレ鳥取に加入内定



びわこ成蹊スポーツ大学(滋賀県大津市)サッカー部の忽那喬司選手(MF)がJ2の愛媛FCに、糸原紘史郎選手(GK)がJ3のガイナーレ鳥取に加入することが内定。糸原選手は加入内定と同時に「2019年JFA・Jリーグ特別指定選手」に承認され、ガイナーレ鳥取の選手として登録、試合出場が可能となった。なお、同大から誕生したJリーガーとしては、それぞれ14人目、15人目で、愛媛FCへの加入は清川流石選手に続いて2年連続となった。




◆忽那 喬司(くつな きょうじ)
 1年次からサッカー部のトップチームで出場機会を得ると、華麗なボールタッチで相手を抜き去るドリブルと豊富な運動量でチームを牽引。今シーズンは中盤の要として、創部以来初となる関西選手権初優勝に大きく貢献した。
【出身地】愛媛県
【身長/体重】174cm / 65kg
【ポジション】MF
【サッカー歴】窪田フットボールクラブ-愛媛FCジュニアユース(現:愛媛FC U-15)-愛媛FC U-18-びわこ成蹊スポーツ大学
【加入についてのコメント】
 このたび、愛媛FCからオファーをいただき、幼い頃からの夢であったプロサッカー選手になる事ができ、大変嬉しい気持ちです。また、プロサッカー選手というキャリアのスタートを、ジュニアユース、ユース年代と育てていただいた僕にとって、1番思い入れのあるクラブである愛媛FCで迎える事ができてとても光栄に思っています。自分の特徴である攻撃的なプレースタイルで、愛媛FCの新戦力となれるよう頑張ります。そして、愛媛FCファンの皆様に、進化した''忽那喬司''を観ていただけるように頑張りたいと思います。

◆糸原 紘史郎(いとはら こうしろう)
 3年次から徐々に出場機会を得ると、チームNo.1の身体能力の高さを武器に活躍。シュートストップはもちろんのこと、一発でチャンスを作り出すロングフィードも武器である。GKとしてだけではなく、学生トレーナーとしても周囲からの信頼が高く、二刀流でチームに貢献している。
【出身地】鳥取県
【身長/体重】186cm / 84kg
【ポジション】GK
【サッカー歴】FCカミノ(ジュニア・ジュニアユース)-サンフレッチェ広島FCユース-びわこ成蹊スポーツ大学
【加入についてのコメント】
 サッカーを始めた時からの夢であったプロサッカー選手にガイナーレ鳥取という素晴らしいクラブ、そして生まれ育った鳥取という地でスタートできることを大変嬉しく思います。
 1日でも早くチームに貢献できるように頑張っていきます。
 応援よろしくお願いします。





両名が所属する同大は、8月29日(木)より開幕する「第43回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント」に出場する。
同大は9月1日(日)の2回戦から登場、鹿屋体育大学(九州2位)と四国学院大学(四国2位)の勝利チームと対戦。初の全国制覇を目指す。

▼本件に関する問い合わせ先
総合企画部 企画広報課
住所:滋賀県大津市北比良1204番地
TEL:077-596-8421


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://digitalpr.jp/r/34486
提供: