和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月05日(火)

新事業分野:ボッシュ、水電解装置のコンポーネントを開発

水素生成技術の生産開始は2025年を予定


ボッシュは水電解の中核コンポーネントであるスタックを開発
ボッシュは2020年代末までに、この新事業分野に最大5億ユーロを投資予定
ロバート・ボッシュGmbH取締役会会長のシュテファン・ハルトゥング:「私たちが目指すのは、ボッシュの技術を使って欧州での水素製造が急拡大するよう支援することです」



[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/2168/58712/600_338_202205101336336279ebd197efe.jpg


シュトゥットガルト/レニンゲン(ドイツ) - グリーン水素に関して、ボッシュがアクセルを踏み込みます。 効果的な気候変動対策を実現するために、ボッシュはこの新しい燃料を利用するだけなく、これを製造する企業として参入することを計画しています。このためボッシュは、電気分解によって水を水素と酸素に分離する、水電解装置のコンポーネントの開発に着手します。このための電気は、風力や太陽光発電などの再生可能エネルギーで生成され、いわゆる「グリーン水素」と呼ばれる水素の生成が理想的です。「気候変動対策をこれ以上遅らせることはできません。私たちが目指すのは、ボッシュの技術を用いて欧州での水素製造が急拡大するように支援することです」と、ロバート・ボッシュGmbH取締役会会長シュテファン・ハルトゥングは年次記者会見の場で語りました。「私たちは、この開発に燃料電池技術のノウハウを活用します」と、ロバート・ボッシュGmbHの取締役会メンバーであり、モビリティ ソリューションズ事業セクター統括部門長であるマルクス・ハインは語ります。こうしたノウハウを足掛かりに、ボッシュは、水電解装置のコンポーネントの開発をモビリティ ソリューションズ事業セクターに委ね、2020年代末までにこの事業に最大5億ユーロを投資する計画です。エネルギーの多様化、脱化石燃料、CO2排出量削減の必要性から、鉄鋼、化学、大型貨物などのエネルギー消費量の多い産業だけでなく、民間の不動産においてもグリーン水素の需要が急速に増大しています。EUによると、需要は2030年までに年間約1,000万トンまで増大すると見られています。ボッシュは、水電解装置のコンポーネント市場は2030年には全世界で約140億ユーロ規模に拡大し、なかでも欧州は最も高い成長率を示すものと予測しています。企業や社会が化石燃料への依存を減らし、新しい形態のエネルギーを活用できるように、ボッシュは、今後3年間で約30億ユーロを電動化や水素などのクライメートニュートラル技術に投資する意向です。

ボッシュは水電解の中核コンポーネントであるスタックを開発
燃料電池と同様に、水電解の重要なコンポーネントとなるのがスタックです。これは直列に接続された数百の個別セルから構成されます。各セルで、電気を用いて水が水素と酸素に分解されます。これは、水素と酸素を結合することで電気が生成される燃料電池とは逆反応です。両方のケースで、プロトン交換膜(PEM)によって化学反応が促進されます。ボッシュは多くのパートナーとともに、水電解システムのスタックにコントロールユニット、パワーエレクトロニクスおよび各種センサーを組み合わせた「スマートモジュール」の開発を進めています。来年にはパイロットプラントの稼働を予定しており、2025 年以降、これらのスマートモジュールを電解プラントメーカーや産業サービス事業者に供給する予定です。

シンプルなプロセスを用いて、ボッシュはこれらの数多くのコンパクトなモジュールを組み込みます。これらのモジュールは、10メガワット以下の容量の小型装置からギガワットレベルの陸上および洋上プラントまで、また、新設プロジェクトのみならず既存プラントでグリーン水素製造に転換する場合にも使用することが可能です。水素製造の効率を最大化し、スタックの耐用年数を延ばすために、スマートモジュールはボッシュのクラウドに接続される予定です。同時に、水電解装置にはモジュラーデザインが採用され、メンテナンスにおける柔軟性の向上が期待されています。例えば、定期的なメンテナンス作業では、施設全体ではなくプラントの一部区画のみの停止で済みます。ボッシュは、循環型経済を推進するために、コンポーネントのリサイクルを含めたサービスコンセプトにも取り組んでいます。

ボッシュの強みである量産とスケールメリットを活用
現在市場に出ている多くの水電解装置のコンポーネントとは異なり、ボッシュのスマートモジュールは量産される予定です。そのため、製造過程でスケールメリットが生まれます。「水素製造の拡大には、スピードとコストという2つの重要な要素が関わってきます」とハインは語ります。「ボッシュの量産技術や自動車でのノウハウが活かされるのです」。ボッシュは、バンベルクおよびフォイヤバッハ(ドイツ)、ティルブルフ(オランダ)、リンツ(オーストリア)、チェスケー・ブジェヨビツェ(チェコ共和国)という欧州の複数拠点で、できるだけ早く量産を開始する予定です。

ボッシュの製品ポートフォリオの拡大が雇用を維持
自動車業界における現在の変革は、業界全体にとって大きな課題となっています。これまでと同様、ここでのボッシュの対応は革新的なものです。新事業分野への参入により、新たな非自動車部門をモビリティソリューション事業セクターに加えることで、ボッシュはさらなる雇用を守る好機を得ています。今後数年間で水電解装置のコンポーネントへの事業拡大によって、数百人の従業員の雇用が創出される見込みです。「私たちは、環境、経済、社会という3つの側面から重要な貢献をしています」と、ハインは語ります。

ボッシュはモビリティ用途および定置用燃料電池に注力
ボッシュは水素を未来の燃料と確信し、モビリティ用途および定置用燃料電池にも取り組んでいます。定置用燃料電池は、都市、データセンター、ショッピングモール、ビジネスパークなどの小規模のオンサイト発電所、および電気自動車の充電スポットとしての利用が想定されています。ボッシュは、モビリティ用途の燃料電池を利用して、当初はトラックによるクライメートニュートラルな商品および物資の輸送を推進する計画です。ボッシュのこの分野における車両向け製品ポートフォリオは、個々のセンサーから、電動エアコンプレッサー、スタック、燃料電池モジュール一式などのコアコンポーネントに至るまで多岐にわたります。生産は年内に開始する予定です。



本件に関するお問合わせ先
ボッシュ株式会社
担当:古市
電話:03-5485-3393

関連リンク
ボッシュHP
https://corporate.bosch.co.jp/


プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/58712
提供: