和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年06月27日(月)

飲食店で20%相当還元 コード決済で和歌山県

和歌山県庁
和歌山県庁
 和歌山県は6月1日~7月18日、県内の飲食店で、代金をスマートフォンのキャッシュレス(QRコード・バーコード)決済で支払えば、最大20%をポイントで還元する「わかやま飲食店応援キャンペーン」を実施する。

 コロナ禍の影響を大きく受けている飲食業の消費喚起と、キャッシュレス決済の普及が目的。当初は1月下旬~2月下旬を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期した。

 対象のキャッシュレス決済は「auペイ」「d払い」「楽天ペイ」「ペイペイ」。ポイントの還元率は決済金額の最大20%で、決済1回当たり2千円分まで、期間中5千円分まで付与する。四つ全てのキャッシュレス決済を使用した場合、最大2万円分まで還元を受けることができる。

 期間は新型コロナの感染状況や予算執行状況によって、変更する場合がある。

 県の新型コロナ予防対策認証を受けている県内約2200店舗が参加する予定。テークアウトやデリバリー専門店、移動販売事業者などは対象外。詳細は5月下旬に公式サイトで紹介する。参加店舗の持ち帰りにも利用できる。

■使用方法の説明も

 スマートフォンやキャッシュレス決済に不慣れな人は、使用方法の案内が受けられる。県内の携帯電話ショップ(auショップ、ドコモショップ、ソフトバンク・ワイモバイル)で5月26日~7月18日に受け付ける。

 また、県の委託業者が5月29日と6月4、11日に和歌山市のイオンモール和歌山3階セブンブリッジ前催事場、5月28日と6月5日に同市のガーデンパーク和歌山1階で「サポートセンター」を開く。時間はいずれも午前11時~午後6時。

 問い合わせは、わかやま飲食店応援キャンペーン事務局(0120・880・537)へ。受付時間は午前10時からで、期間外は午後6時、期間中は午後10時まで。