和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年08月08日(月)

【ショコラティエ パレ ド オール】 ~日頃の感謝を込めて~ こだわりのジャパニーズクラフトウイスキーを 贅沢に使ったショコラを父の日の贈り物に!

モルトとカカオのマリアージュ!父の日好適品のご案内

カカオ豆から本格的なチョコレート作りを手掛けるショコラティエ三枝俊介によるチョコレート専門ブランド「ショコラティエ パレ ド オール」では、ジャパニーズクラフトウイスキーを使用したショコラや、ウイスキー樽で寝かせたカカオ豆で作った板チョコレートなど、父の日の贈り物にピッタリのアイテムをご用意します。

【ジャパニーズクラフトウイスキーコレクション】

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/2237/58901/450_300_202205171050216282ff5d0a2aa.jpg

近年、勢いを増すウイスキーの潮流、クラフトウイスキー。国内外で高い評価を受けるベンチャーウイスキー秩父蒸溜所の「イチローズモルト」など、小規模蒸留所だからこそできる新しい取り組みの中で、個性豊かな味わいが日本各地で続々と生みだされています。その中で、ウイスキー文化研究所代表、ウイスキー評論家・土屋守氏のセレクトによる5蒸留所に注目。カカオ豆の選別、焙煎から全工程を手掛ける自家製チョコレートをバランス良くブレンドし、カカオの香りとそれぞれのウイスキーの違いを楽しめるショコラに仕上げました。日頃の感謝を込めて贈る父の日のギフトにおすすめのコレクションです。

商品名: ジャパニーズクラフトウイスキーコレクション
内容量: 5個入り 税込価格 2,980円(本体価格:2,760円)
販売期間: 2022年5月27日(金)~2022年6月下旬
*数量限定のため、無くなり次第終了いたします。
販売場所: ショコラティエ パレ ド オール東京店・銀座店・大阪店
 アルチザン パレドオール清里店/ショコラティエ パレ ド オール ブラン
 オンラインショップ
   自動販売機(パレスタ)大阪・東京でも購入可能。



[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/2237/58901/450_286_2022051711252262830792efe6a.jpg



【使用ウイスキー】写真左から
〈厚岸(あっけし)蒸溜所〉北海道
厚岸2017 3年 シングルカスク
〈SAKURAO DISTILLERY〉広島県
シングルモルトジャパニーズウイスキー 桜尾
〈ベンチャーウイスキー秩父蒸溜所〉埼玉県
グラバーコレクション シングルモルト 秩父2014 6年
〈マルス信州蒸溜所〉長野県
シングルモルト駒ヶ岳2021エディション
〈安積(あさか)蒸溜所〉福島県
山桜 ジャパニーズシングルモルトウイスキー 安積 ザ・ファースト ピーテッド

【蒸溜所のご紹介】
●厚岸(あっけし)蒸溜所/北海道

[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/2237/58901/450_300_202205171051226282ff9a0b735.jpg

牡蠣の名産地として知られる北海道東部の厚岸町に創業。2013年から試験熟成を行い、2016年に蒸留開始。仕込水に蒸留所の近くを流れるホマカイ川のピートを含んだ軟水を使用するほか、地元厚岸産の二条大麦も使うなど、厚岸町のテロワールを活かしたウイスキー造りを手掛ける。2020年からシングルモルトをリリース、日本の四季を題材にした「二十四節気シリーズ」を次々と展開し、ウイスキーファンの関心を集めている。

●安積(あさか)蒸溜所/福島県

[画像4]https://user.pr-automation.jp/simg/2237/58901/450_300_202205171051306282ffa2c7cc1.jpg

創業1765年、長い清酒造りの歴史がある笹の川酒造が開設したウイスキー蒸留所。戦後間もない1946年にウイスキー製造免許を取得しウイスキー造りをスタートした。
2004年に閉鎖された旧羽生蒸溜所(埼玉県)で廃棄されようとしたウイスキー原酒の樽をすべて引き受け貯蔵していた。これは後にイチローズモルトとして売り出される。その関係から、安積蒸溜所の製造設備はベンチャーウイスキーの肥土(あくと)伊知郎(いちろう)氏のアドバイスを受け、現在も交友が続いている。マッシュタンとポットスチル2基は日本製。2019年に初のシングルモルトをリリースした。

●ベンチャーウイスキー秩父蒸溜所/埼玉県

[画像5]https://user.pr-automation.jp/simg/2237/58901/450_338_202205171051396282ffab2d02e.jpg

2007年に肥土(あくと)伊知郎(いちろう)氏が創設し、翌年から蒸留を開始。「イチローズモルト」は今や世界的に知られ、国内・海外共に高い評価を受けている。現在のジャパニーズウイスキーの隆盛と日本のクラフト蒸留所ブームを牽引する蒸留所ともいえる。
2019年に秩父第二蒸溜所の稼働を開始、2020年には10年物の「秩父 ザ・ファーストテン」をリリースした。ミズナラ材の買い付けから製樽までを自社で行えるのも強み。

●マルス信州蒸溜所/長野県

[画像6]https://user.pr-automation.jp/simg/2237/58901/450_300_202205171052116282ffcb328cb.jpg

本格焼酎「桜島」で知られる本坊酒造は1949年に鹿児島でウイスキー製造免許を取得。その後、ウイスキー造りに最適な環境を求めて1985年に駒ヶ岳山麓に開設したのがマルス信州蒸溜所。現在は2蒸溜所体制でシングルモルト「駒ヶ岳」・「津貫」をはじめ様々なウイスキーを製造し、毎年開催されているTWSC(東京ウイスキー&スピリッツコンペティション)でも多数受賞している。2014年に更新したポットスチル2基は初代の形状を伝統として踏襲している。

●SAKURAO DISTILLERY/広島県

[画像7]https://user.pr-automation.jp/simg/2237/58901/450_300_202205171051486282ffb48a280.jpg

1918年創業のサクラオブルワリーアンドディスティラリー。1958年よりウイスキー製造を開始。その後一時休止していたが、2017年に洋酒づくりの新たな可能性に挑戦するためSAKURAO DISTILLERYを設立し、ウイスキー製造を再開。2019年からはグレーンウイスキーの製造も手掛け、2021年に初のシングルモルト「桜尾」「戸河内」をリリース。
また地元広島産のボタニカルを使用したジンも製造。100年以上受け継ぐ蒸留技術を活かす同社の今後のリリースが期待される。

【モルトタブレット】


[画像8]https://user.pr-automation.jp/simg/2237/58901/450_300_202205171052316282ffdf4ccc7.jpg

商品名: モルトタブレット ビター72%/ビターミルク52%
内容量: 50g 税込価格 1,620円(本体価格:1,500円)
販売場所:ショコラティエ パレ ド オール銀座店/オンラインショップ

クラフトウイスキーの草分け、ベンチャーウイスキー秩父蒸溜所から譲り受けたウイスキーの空き樽に、ローストしたカカオ豆をゆっくりと寝かせて薫りを移したタブレットショコラ(板チョコレート)。 昨年のモルトタブレット第一弾の経験から改善点を見つけ、繊細な樽香を逃さないよう工夫して仕上げました。トリニダード・トバゴ島、グランクヴァ農園のカカオ豆を使用し、カカオ分はビター72%とビターミルク52%でご用意。濃密さと熟成感のある複雑なアロマ、力強いカカオの焙煎香の奥に広がるスモーキーなウイスキーの樽香を、静謐な空間で樽熟成される「時間の技」を感じながらご堪能ください。

[画像9]https://user.pr-automation.jp/simg/2237/58901/449_343_202205171052366282ffe4aacb9.jpg

モルトタブレット ビター72%

<シェフ 三枝俊介について>

[画像10]https://user.pr-automation.jp/simg/2237/58901/150_207_2022051710530862830004ab9c3.jpg

名門ホテルで修業後、独立。パティシエとして複数のパティスリーやカフェを経営していたが、フランスリヨンの「ベルナシオン」で学んだ事からカカオの世界を探求するため、全ての菓子ブランドを閉めてショコラティエの理想を求める。チョコレート専門店「ショコラティエ パレ ド オール」を2004年大阪に、2007年東京にオープン。その後、カカオ豆からチョコレートまで全工程を自社で手掛けるBean to Bar(ビーントゥーバー)工房「アルチザン パレドオール 清里」を2014年にスタート。2019年には世界に先駆けてホワイトチョコレートのBean to Barブランド「ショコラティエ パレ ド オール ブラン」をオープン。年間10トン以上のチョコレートを扱い、ショコラティエとしてカカオ豆からボンボンショコラまでを一貫して作り上げ、カカオの本来の味と香りにこだわって作り出される極上のショコラは、国内外から広く注目される完全オリジナルの自家製チョコレート。
2010年 テレビ東京「ソロモン流」、2014年 NHK「きょうの料理」、2018年 NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」、2019年11月NHK BSプレミアム「美の壺」、2020年5月 NHK「プロフェッショナル 特別企画!プロのおうちごはん 第3弾」、同年8月 NHK「プロフェッショナル プロのおうちごはん 夏スイーツスペシャル」出演等、TV、雑誌など多数のメディアで紹介されています。

<ショコラティエ パレ ド オールについて>
2004年ハービスPLAZA ENT(大阪・西梅田)、2007年に新丸ビル(東京・丸の内)にオープンしたショコラティエは、50種類にも及ぶボンボンショコラや、チョコレートを使ったガトーなどを販売。サロンでは、カカオを使ったオリジナルドリンクやパフェの他、ショコラに合わせて特別にブレンドしたカフェ、自家製カカオパウダーを使ったビーン トゥ ココア、シャンパンやウイスキーとショコラのマリアージュなど、様々なショコラの楽しみ方を提案しています。
              
<アルチザン パレドオールについて>
世界中から選び抜いたカカオ豆を、それぞれの豆に合わせたベストな状態で焙煎し、チョコレートまで仕上げる全工程を自社で行う工房を清里高原に2014年にオープン。
ショコラティエが自ら、カカオ豆の段階からチョコレート作りを年産10トン規模で行うBean to Bar工房は世界的にも珍しく、日本では初となります。八ヶ岳を望む美しい自然に囲まれた、ヨーロッパの山岳リゾートに似た冷涼な環境は、カカオの保管やチョコレートのエイジングにも最適。40年以上のキャリアをもち、多くのチョコレートを扱い続けてきたシェフ三枝ならではのBean to Bar工房です。その工房で生み出されるタブレットは、インターナショナルチョコレートアワードアジア大会ならびにワールド大会、さらにイギリスのアカデミーオブチョコレートでも多数受賞しています。

<ショコラティエ パレ ド オール ブランについて>
カカオ豆からチョコレートまでを一貫して手掛けるBean to Barメーカーの中でも、自社でカカオバターを搾ってホワイトチョコレートを作ることはほとんどありません。自家製のカカオバターから生み出すホワイトチョコレートの新しい世界を表現したい、というシェフ三枝の強い想いから生まれたブランドです。自家製のカカオバターを使ったホワイトチョコレートと、その時にできる自家製のカカオパウダーから生み出す焼菓子、ドリンク、ソフトクリーム等、幅広い商品を手掛けるショップは世界初といえる試み。ほかでは味わえない商品をお楽しみいただけます。自家製ホワイトチョコレートはインターナショナルチョコレートアワードで多数受賞しています。

≪店舗詳細≫
■ショコラティエ パレ ド オール
東京店 〒100-6501東京都千代田区丸の内1-5-1
新丸の内ビルディング 1F / 03-5293-8877

銀座店 〒104-0061 東京都中央区銀座5-7-10 
EXITMELSA 1F / 03-5962-8787

大阪店 〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-22 
ハービスPLAZA ENT 4F / 06-6341-8081
*パレスタ(自動販売機)は、ハービスPLAZA ENT B1に設置しています。

■アルチザン パレドオール
清里店 〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里朝日ヶ丘3545-931 / 0551-48-5381

■ショコラティエ パレ ド オール ブラン
青山店 〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 青山ツイン東館B1F / 03-3470-0613
*パレスタ(自動販売機)は店舗前に設置しています。

■ショコラティエ パレ ド オール オンラインショップ
https://palet-dor.ocnk.net


本件に関するお問合わせ先
【このプレスリリースに関するお問い合わせ先】
□株式会社オヴァールリエゾン(ショコラティエ パレ ド オール)
電話番号:06-6339-8105
担当:佐々木 薫 E-MAIL:sasaki@palet-dor.com  
北 奈美 E-MAIL:kita@palet-dor.com  
ツイッター:http://twitter.com/staffpaletdor/
フェイスブック:http://www.facebook.com/chocolatier.paletdor
Instagram :https://www.instagram.com/palet_dor/


プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/58901
提供: