和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月04日(月)

本社オフィスの一部をニューノーマル仕様にリニューアル

~コミュニケーション促進、生産性向上を実現するスペース戦略~

2022年5月19日

報道関係者各位                               

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106650/202205191403/_prw_PT1fl_h8P1d66o.png

株式会社クレスコ(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:冨永宏、以下、当社)は、ニューノーマルに適したオフィス環境を構築すべく、2021年度から複数回に分けて本社オフィスのリニューアルを進め、2022年5月に完了いたしました。



当社は従来在宅勤務をテスト施行するなど、働き方の多様化に取り組んでまいりましたが、新型コロナウイルスの流行下で多様化が一気に進み、当社の2022年4月の在宅勤務率は約65%と、高水準を維持しています。一方で、在宅勤務には「コミュニケーションの減少」「チーム・組織の一体感低下」などのデメリットもあります。

そのような状況の中、出社の目的やオフィスに求められる在り方を検討、「『コミュニケーション促進』と『集中力向上』両方の実現」をコンセプトに、オフィスリニューアルを実施いたしました。社員間の交流による共創を誘発させるとともに、会話禁止の作業エリアで生産性向上を促します。



当社は今後も、当社自身の変革を通じて、お客様や社会により高度なサービスを提供してまいります。



■ コミュニケーション促進の仕掛け

  ・「カジュアルミーティングエリア」「ダイニングエリア」など、多様な空間を配置し、様々な目線でのアイデア創出を促します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205191403-O7-8PhA49D8

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205191403-O5-40ZGxEw4

 

 ・各エリアを不規則に配置して回遊動線を設け、社員同士の交流機会を増やします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205191403-O6-7x0Y7p2z

 

■集中力向上の仕掛け

 ・会話禁止の「ハイフォーカスエリア」を設けました。エリア内の椅子は仕事用ゲーミングチェアを採用し、什器の面でも集中力向上を後押しします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205191403-O10-fmpx4RZQ

 

 ・個室ブースを複数設け、増加するWeb会議に対応します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205191403-O9-SoAokKe7

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205191403-O11-36PYjUE2

 

■クレスコについて  https://www.cresco.co.jp/

クレスコは、経営理念として人間中心・実力本位をはじめとする「クレスコ憲章」を掲げ、社名の由来である「成長」を着実に果たすべく、創業以来、培ってきたシステム開発の技術力をベースに最先端技術分野の研究開発や自社製品、サービスの開発など幅広い分野で貢献しております。



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202205191403
提供: