和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月03日(日)

Fireworkがソフトバンク・ビジョン・ファンド2主導のシリーズB調達で未来のコマースを構築するための1億5000万ドルを調達

AsiaNet 96176 (1211)

【サンマテオ(米カリフォルニア州)2022年5月24日PR Newswire =共同通信JBN】
*ライブストリーミングコマースのリーダーがWeb 3.0の顧客体験とエンゲージメントの再定義に向けて大きな支援を得る

ライブストリーミングコマースとデジタルトランスフォーメーションの大手プラットフォームであるFirework(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3545810-1&h=3810367534&u=https%3A%2F%2Ffirework.com%2Fus%2F&a=Firework )は、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3545810-1&h=1051195745&u=http%3A%2F%2Fvisionfund.com%2F&a=SoftBank+Vision+Fund+2 )が主導するシリーズB資金調達で1億5000万ドルを調達した。

Video - https://mma.prnewswire.com/media/1824175/Bulletproof.mp4
Video - https://mma.prnewswire.com/media/1824176/FreshMarket.mp4
Video - https://mma.prnewswire.com/media/1824178/Firework.mp4
Video - https://mma.prnewswire.com/media/1824177/Grande_Cosmetics.mp4
Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1824174/Albertsons.jpg

FacebookやAmazonなどビッグテックに代表される大規模でクローズなエコシステムの「ウォールド・ガーデン」に対する人々の感情が緊迫する中で、この発表は明らかにされた。Facebookの親会社であるMetaが最近発表したメタバースアプリHorizon Worldsでのすべての取引に対する47.5%の手数料徴収は、インターネット中央集権化を巡る議論で最新の火種となっている。

新たに獲得した資金でFireworkは、組織がそれぞれの特性と条件で顧客や参加者にかかわって取引できる分散型インフラストラクチャーを使ってデジタル環境を再定義するという大胆かつ長期の同社ビジョンの実現を求めて、さまざまなメトリクスでの成長を加速することを目指す。当面、同社は、エンジニアリング、製品、マーケティングでの人材獲得を拡大し、プラットフォーム全体を向上させることを目指す。

FireworkのVincent Yang最高経営責任者(CEO)兼共同創設者は「この投資でわが社の成長エンジンはフル回転している。コアとなる技術とビジネスモデルはこれまでに市場で幾度となく実証されており、当社のビジョンを実現するこの資本金によって、Fireworkは今後、チームを増強し、ユーザー層を拡大し、技術を成長させるというあらゆる面で、当社の取り組みを進化と成長に集中して、Fireworkのプラットフォームが次世代顧客体験の最先端から後れをとらないようにようにする」と語った。

▽成功が成功を生む
FireworkのシリーズB資金調達ラウンドの成果は、2021年第1四半期以降の一連の成功によるところが大きい。複数の大型顧客やパートナー(Albertsons Companies、The Fresh Market、Omnicom Media Groupなど)の獲得、American Express Venturesとの戦略的投資提携、多くの高度経営人材の採用によって、Fireworkは北米で未だ初期段階のライブストリーミングコマース市場を争うレースで圧倒的フロントランナーに躍り出た。

中国でライブストリーミングコマースは2021年に3000億ドル以上の販売をもたらした(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3545810-1&h=3840524286&u=https%3A%2F%2Fwww.forbes.com%2Fsites%2Fjohnkoetsier%2F2022%2F01%2F22%2Flivestream-shopping-a-500-billion-market-in-2022-as-amazon-google-facebook-tiktok-jump-in%2F%3Fsh%3D68967cc13bc5&a=%24300+billion+in+sales )。これは小売り電子取引売上高全体の約12%に相当し、2023年にはほぼ20%に達すると見込まれる。一方で北米市場では60億ドル以下にとどまり(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3545810-1&h=1421111384&u=https%3A%2F%2Fwww.forbes.com%2Fsites%2Fjohnkoetsier%2F2022%2F01%2F22%2Flivestream-shopping-a-500-billion-market-in-2022-as-amazon-google-facebook-tiktok-jump-in%2F%3Fsh%3D50b740303bc5&a=less+than+%246+billion )、全オンライン売上高の0.1%にすぎなかった。その点でFireworkの共同創業者Vincent Yang氏とJerry Luk氏にとっての無限の可能性は損なわれていない。投資家によっても見過ごされず、Fireworkはこれまでに2億3500万ドル以上の資金を調達している。

▽だがビジョンがその価値を決める
ソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズのパートナーであるLinda Yu氏は「ショートビデオとライブストリーミングはデジタル時代のデフォルト言語となり、オンライン上で消費者のブランドや製品とのかかわり方を再形成している。企業がビデオを活用して、企業のウェブサイトをソーシャルやストーリーテリングのハブに変えることを支援し、顧客とより深くかつ長期の関係を築くようにFireworksが支援していると、われわれは確信している。VincentとJerryはデジタルコマース分野で見事なチームを結成しているので、彼らと連携して次世代顧客体験を構築するのは楽しみだ」と話した。

今回の取引に伴ってLinda Yu氏はFireworkの取締役会に加わった。

Fireworkを共同創業したJerry Luk社長は「当社がソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズとの協業を選んだのは、電子商取引業界での比類ない主導的技術や幅広いネットワークなど、多くの理由からだ。しかしわれわれがソフトバンク・インベストメントを選択したのは、何もまして同社と共通するビジョンがあるためだ。われわれはFireworkが次世代インターネットを構築し動作させるインフラストラクチャーになるという大きな望みを持ち、ソフトバンク・インベストメントはそのビジョンを支援している」と指摘した。

▽Fireworkについて
Fireworkは、ビデオという伝達手段を介してオープンウェブをヒューマン化するグローバルリーダーである。Fireworkはショッパバブルビデオ、ライブストリーミングコマース、強力な収益能力を生かして、世界で最もダイナミックでエキサイティングな小売業者、消費者ブランド、パブリッシャーが所有し運営するデジタル資産および世界規模のチャンネルで魅力的なデジタル体験を構築することを支援する。Fireworkは組織がオンラインビデオ体験の信頼性と接続の新たな水準をもたらし、完全に理解できる言語でデジタルネイティブに語り掛け、それぞれの顧客データを管理できるようにしている。同社はこれまでに2億3500万ドルの資金を調達した。詳しい情報は firework.com(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3545810-1&h=2178992851&u=https%3A%2F%2Fc212.net%2Fc%2Flink%2F%3Ft%3D0%26l%3Den%26o%3D3298170-1%26h%3D2382949683%26u%3Dhttps%253A%252F%252Ffirework.tv%252Fus%252F%26a%3Dfirework.tv&a=firework.com )まで。

▽メディア問い合わせ先
Fatimah Nouilati
Scratch Marketing + Media for Firework
fatimah@scratchmm.com

ソース:Firework



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202205251697
提供: