和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月05日(火)

元女子バレーボール日本代表選手の坂下麻衣子さんが、母校の武庫川女子大学バレーボール部の強化コーチに就任。



武庫川女子大学(所在地:兵庫県西宮市、学長:瀬口和義)は、2022年4月1日付けで本学の卒業生であり元女子バレーボール日本代表選手の坂下麻衣子さんが、本学バレーボール部強化コーチに就任したことをお知らせいたします。




坂下麻衣子さんは、大学時代に、バレーボール部に所属。レフトのアタッカーとして関西大学女子1部リーグ3連覇や全日本インカレのベスト8に貢献しました。在学中には、2005年、2007年のユニバーシアード代表に選出。2007年卒業後は、Vリーグチームの「JTマーヴェラス」に入団し、同年の新人賞を獲得しました。2009年には、バレーボール日本代表に選出され、コートネーム「シン」として闘志あふれるプレーで、「プリンセス・メグ」こと栗原恵さんらとともに活躍しました。2013年には石川県の実業団チーム「PFUブルーキャッツ」に移籍し、2015年のV・プレミアリーグへの昇格に貢献。2016年の引退後は同チームの運営に携わっていました。
武庫川女子大学 バレーボール部は、関西大学バレーボール連盟女子1部に所属し、21年度の秋季リーグで第3位となり、全日本インカレでは2回戦まで進出しました。

■坂下さん コメント
武庫川女子大学 バレーボール部の強化コーチに就任いたしました坂下と申します。母校からバレーボール部を指導できる機会をいただけたので、就任を決めました。目指すチームスタイルは「いついかなる時でも点をとる」スタイルです。常に相手の隙を伺いながら、アタックだけでなくトスやレシーブなどリベロでも点を狙っていけるようなスタイルを目指していきます。選手からコーチ、運営スタッフとしてバレーボールに携わった自らの経験から 「楽しめないと成長につながらない」ということを実感しました。学生たちには「バレーボールを最大限に楽しんでほしい」という思いを伝えながら、指導に取り組んでいきたいと思っております。

【プロフィール】
坂下麻衣子
夙川学院高校から武庫川女子大学を経て2007年JTマーヴェラスに入団。パワフルなアウトサイドヒッター、オポジットとして頭角を現し、女子バレーボール日本代表でも活躍。コートネームはシン。2013年に、PFUブルーキャッツに移籍し、経験豊富なベテランとしてチームを牽引。2016年に引退後はスタッフ、広報としてチーム運営に携わる。2022年から武庫川女子大学 バレーボール部強化コーチ就任。

▼本件に関する問い合わせ先
武庫川女子大学スポーツセンター
住所:兵庫県西宮市池開町6-46
TEL:0798-45-8957
メール:spocen@mukogawa-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/59222
提供: