和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年10月26日(月)

炎の神輿や時代行列 31日に八咫の火祭り

大斎原へ向かう時代行列(和歌山県田辺市本宮町で)
大斎原へ向かう時代行列(和歌山県田辺市本宮町で)
 和歌山県田辺市本宮町で31日、夏の恒例イベント「八咫(やた)の火祭り」(実行委員会主催)がある。

 今回で21回目。世界遺産登録15周年記念として開く。

 当日は午後6時半から、世界遺産・熊野本宮大社から旧社地・大斎原(おおゆのはら)へと向かう炎の神輿(みこし)・時代行列がある。大斎原ではみやらび太鼓・川田公子さんや奥熊野太鼓の演奏、来場者が一緒に踊る熊野八咫踊りがあり、午後8時45分から約330発の花火を打ち上げて締めくくる。

 問い合わせは、実行委事務局の本宮行政局総務課(0735・42・0070)へ。