和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年10月21日(水)

紀南の施設で芸披露 芸能県人会タレント

落語を披露する桂三歩さん(27日、和歌山県田辺市芳養松原1丁目で)
落語を披露する桂三歩さん(27日、和歌山県田辺市芳養松原1丁目で)
 和歌山芸能県人会の所属タレントが27日、和歌山県紀南地方の特別養護老人ホームなどを訪問し、落語や歌を披露した。

 同会は会員の親睦や故郷への恩返しを目的に1999年に設立された。芸能ジャンルの垣根を越えて県出身や県内在住のタレントが所属。ボランティアで県内各地の福祉施設や被災地を訪問する活動を続けている。

 この日は田辺市など紀南地方の特別養護老人ホームと児童養護施設の計7施設を、タレントが3~4人ずつ訪問した。

 田辺市芳養松原1丁目の特別養護老人ホーム「田辺の郷」には、田辺市出身の落語家・桂三歩さん、シンガー・ソングライターの浦部陽介さん、歌手の南美枝子さん、千桃よう子さんが訪問。桂三歩さんは扇子を使ってうどんをすする様子を再現するなど、4人はそれぞれの芸でお年寄りたちを喜ばせた。